なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
岩櫃城は岩櫃山の中腹にありました。
訪問日は2014年4月12日です。

岩櫃城①岩櫃山遠景
▲岩櫃山遠景

岩櫃城はこの山の東側の中腹にありました。(写真の右側です)
こんな凄い山だと、攻め落とそうという気持ちすら萎えます。
群馬の吾妻地方にはこんな感じの岩山が沢山あります恋の矢
ここいらでは有名な山なので、そこら中に案内が出ています。
道に迷う事はないと思います。

岩櫃城②くつろぎの館
▲城郭風建築物

さあ山へという所に、お城をかたどった建物があります。
ここが居館跡・・・ではなく、関係ない温泉宿ですw
ただ、そうだとわかっていても条件反射で撮っちゃうんですよねあせる

岩櫃城③岩櫃山の案内図
▲岩櫃山の案内図

登山口にある案内図です。
山全体の図ですが、城跡は山頂ではなく中腹に描かれています。
そりゃ、あんな岩だらけ場所だと、篭る方も大変ですからね・・・

岩櫃城④登城口
▲登城口

城域の入口には、雰囲気を盛り上げてくれるこんなモノがあります。
標柱に案内図に石碑、もう至れり尽くせりです。
お腹いっぱい、もういいやヽ(´∀`)ノ・・・にはまだ早いですよ!

岩櫃城⑤岩櫃城の案内図
▲城の案内図

今度はお城に絞った案内図です。
こうやって見ると、登山道の脇にある舌状台地っぽい地形を利用しているのがわかります。
山頂の方が要害性は抜群だと思うのですが、まぁ登ってみましょう!

岩櫃城⑥熊注意
▲熊注意です

ちなみに、登城路にはこんなものが。
群馬の山城はだいたいこんな感じです。
野生のカモシカなんかはほぼ毎回遭遇するくらいに、自然が豊かなんです。
モノは書きようですwww
という訳で、山城へ行く時は必ずこの鈴を持ち歩いています。

岩櫃城⑦中の城手前の堀
▲中城の手前にある堀

登城口から5分程で城跡っぽい雰囲気が漂い始めます。
図にある中城の手前にある空堀です。
まだ城域に入ったばかりなのに、この深さ。
お城の規模が伺い知れます。

岩櫃城⑧中の城
▲中城(手前側)

堀に沿って進んで行くと、中城に出ます。
・・・とは言え、標柱の後ろはボーボーに茂った藪。
おいらでも掻き分けて入ろうと思わない位に密度が濃ゆいです。

岩櫃城⑨中の城
▲中城(奥側)

中城はかなり広い郭で手前半分が藪、奥半分がこんな感じです。
果樹園っぽい雰囲気です。

岩櫃城⑩中の城奥の堀
▲中城の奥にある堀

さらに奥へ進み、中城を囲む空堀が主郭への登城路となっています。

岩櫃城⑪土塁
▲土塁

中城を登り切った辺りにある土塁です。
階段が付けられた向こう側がくぼんでいるのがわかります。
ということで、この土の壁の向こう側には堀があります恋の矢

岩櫃城⑫主郭の城塁
▲主郭の空堀と城塁

ほら!ということで、主郭の城塁が姿を現します。
この空堀の手前が2郭、城塁の上が主郭です。

岩櫃城⑬主郭
▲主郭

2郭は「ふぅ~ん」という感じなので、写真はパス。
傾斜の急な城塁に付けられた階段を登った所が主郭です。
こちらは2郭よりもかなり広く、郭内に起伏もあります。

岩櫃城⑭本丸標柱と説明板
▲標柱と説明板

空堀、土塁に立派な城塁だけでも満足ですが・・・
「やったゼ!来ちゃったゼ!」的なモニュメントは最高です合格
登城路が整備されて時間も掛からない割にしっかり遺構が残っており、超オススメです☆

こんなに沢山写真を貼ったのは、かなり久し振りです。
遺構バッチリな山城だと、書いてる時も興奮するもんですね恋の矢


◆歴史◆

1405年、斎藤憲行により築かれたとされます。

諸説ありそれ以前からあったとする説もありますが・・・
『加沢記』によると、斎藤憲行が越前から来たそうです。
こりゃまた随分と遠くから来ましたねあせる

それ以前は吾妻氏系の斎藤氏が吾妻郡一帯を支配していたそうです。
何があったのかは???です・・・
この頃に吾妻一族を内出城に入れ、有名無実の存在にしたそうです。
これ凄く知りたいので、知ってる方居たら教えて下さい!!

斎藤憲行は、6人の子を以下のように吾妻郡各地に配置して、支配体制を固めました。

長男:斎藤憲実:岩櫃城
次男:中山幸憲:中山城
三男:荒牧威実:荒牧館
四男:山田基政:山田城
五男:大野憲基:稲荷城
六男:富沢幸連:岩下城

1438年頃、大野憲基が斎藤一族の実権を握りました。

何があったのかは???なのですが・・・
斎藤憲行の五男・大野憲基が斎藤一族を束ねるようになりました。
推測ですが、
(1)兄達が亡くなり、大野憲基が一族の長老になった?
(2)嫡流の斎藤氏に跡継ぎが生まれなかった?
(3)永享の乱により一族が分裂し、大野氏側が勝利した?
などなど。
妄想は果てしなく拡がりを見せ、収拾する気配が感じられません。
ということで、この辺で一旦ストップしますあせる

大永年間(1521~27年の間)、斎藤憲次が岩櫃城主となりました。

岩下城主の斎藤憲次が、大野憲直の岩櫃城を攻略しました。
大野氏がいつから岩櫃城を居城にしていたのかはよくわからず・・・
一族を仕切った大野憲基か、勢力を拡大した大野義衡でしょうか。
この頃も大野憲直がこの地域一帯を支配し、斎藤憲次はその家臣という立場でした。
斎藤憲次は山田基政の嫡孫で、岩下城を居城としていました。
斎藤氏、山田氏、富沢氏がぐちゃぐちゃです。
もともとは兄弟でしたけどw
大野憲直は植栗元吉と対立し、斎藤憲次に植栗討伐を命じました。
しかし、斎藤憲次は植栗氏を討伐すると見せ掛け、岩櫃城を急襲したのでした。
詳細がわからないので歴オタの推測ですが、大野憲直は嫌われていたのでしょうか?

斎藤憲次の子・憲広は、関東管領・上杉憲実が越後へ逃れると、勢力を拡大しました。
ということで、ご近所付き合いしたくない感じの武将だったようです。
この頃の斎藤氏は、東の沼田氏、西の鎌原氏と争っていました。
鎌原氏との争いが、吾妻郡の雄・斎藤氏の命運を決してしまいます。

1560年、勢力拡大を続ける斎藤憲広に対抗するため、鎌原幸重は武田信玄の配下となりました。
同じ頃、斎藤憲広や鎌原氏と直接争っていた羽尾氏は、関東を攻めた長尾景虎に従いました。
この頃既に両雄は川中島で何度も戦っており、吾妻郡にも飛び火した格好となりました。

1562年、斎藤憲広が鎌原城を攻略しました。
吾妻地方での争いなら、ここで決着がつくのですが・・・
居城を奪われた鎌原幸重は、真田幸隆を頼り、真田軍によって鎌原城を奪還しました。
真田幸隆の吾妻郡侵攻はここから始まりました。
その勢いに乗って羽尾氏の羽根尾城、長野原城を降しています。

真田幸隆がこの頃に吾妻郡へ侵攻したのには、もう1つ大きな理由がありました。
それは、1561年に箕輪城主・長野業正が没していた事でした。
長野業正は1557年、武田晴信(=信玄)により攻められましたが、巧みな戦術で撃退。
そのため、武田晴信は上野国への侵攻に二の足を踏んでいたようです。
長野業正の死は隠されていましたが、この頃にはバレてしまったようですね。

1563年、真田幸隆により攻め落とされました。

斎藤憲広が長野原城を奪還し、羽尾氏の旧領回復に出ました。
この時、長野原城に入っていた真田幸隆の弟・常田隆永が討たれてしまいました。
そのため、武田信玄は真田幸隆に3,000の兵を与えて吾妻郡攻略を命じました。
武田軍は吾妻郡の城を次々と降しましたが、岩櫃城の守りは固く、和議を結びました。
攻撃も止んで一安心といった所でしょうが・・・

真田幸隆はこれから、斎藤方の調略に取り掛かりました。
そして、ある日突然、岩櫃城を再び包囲したのでした。
以前は武田軍の攻撃を跳ね返した岩櫃城でしたが、今度はそうは行きませんでした。
城内には真田幸隆の息の掛かった内応者がおり、城内に火を放って武田軍を引き入れました。
この時に内応したのは海野幸光・輝幸兄弟、斎藤一族の斎藤則実などです。
斎藤憲広・憲宗父子は越後へ逃れ、斎藤城虎丸は嵩山城へ立て篭もりました。
岩櫃城の城代には、三枝松土佐守、鎌原幸重、湯本善太夫らが置かれました。
三枝松土佐守は三枝虎吉(土佐守)のようです。
(三枝氏の家紋は「三枝松」なのだそうです)

1565年、真田幸隆が嵩山城を攻め落としました。

頑強に抵抗を続ける斎藤氏は、斎藤憲宗が上杉輝虎の力を借りて嵩山城へ入りました。
嵩山城には白井城の白井長尾氏、吾妻郡東部の尻高氏や中山氏も援軍を出しました。
この動きに真田幸隆は和議を申し出て、お互いに人質を出し合いました。
しかし、この時に斎藤氏の重臣・池田佐渡守を調略しました。
内応者を得た真田軍は再び嵩山城を攻め、斎藤憲宗・虎城丸が自害して落城しました。
嵩山城を攻め落とした真田幸隆は、武田信玄より吾妻郡代に任命されました。

以後、真田幸隆は徐々に吾妻郡を攻略していきました。
1567年、利根川沿いにある白井城まで侵攻。この頃に真田幸隆は隠居しました。
1574年、真田幸隆は62歳で没しました。
1575年、長篠の戦で真田信綱、次兄・昌輝が討死し、真田昌幸が家督を継ぎました。
1580年、真田昌幸が沼田城を攻略しました。

1581年、海野幸光が誅殺されました。

この年、海野幸光は岩櫃城代、弟の輝幸が沼田城代となりました。
しかし、間もなく真田昌幸により謀叛を疑われ、海野兄弟は謀殺されてしまいました。

1582年3月、武田勝頼が滅ぼされました。

織田信長が甲斐の武田勝頼を攻め滅ぼしました。
真田昌幸は織田信長の家臣となり、その領地が安堵されました。

1582年6月、本能寺の変で織田信長が自害しました。

甲斐・信濃を攻略したばかりの織田信長が、本能寺の変により自害しました。
そのため、武田氏の領地だった甲斐・信濃で反織田の動きが活発になり、空白地となりました。
切り取り放題となった両国へは徳川家康、北条氏直、上杉景勝らが攻め込んで争いました。
これが「天正壬午の乱」です。
真田昌幸の領地である上田から沼田は、丁度この中に含まれていました。
そのため、真田昌幸は権謀術数の限りを尽くし、領土の保全を謀りました。
あまりにめまぐるしいので、ここでは割愛しますが・・・
徳川、北条、上杉と主を短期間で替え、最終的には羽柴秀吉の家臣となりました。

1600年、真田信之の城となりました。

真田昌幸が関ヶ原の戦で西軍につき敗れたため、東軍についた真田信之が当主となりました。
真田信之は父・昌幸の上田領のほか、3万石の加増を受けています。
1590年に沼田城主となっており、実際には吾妻郡一帯の支配を任されていたと思われます。
真田信之は真田昌幸の嫡男で、当初は信幸を名乗っていました。
しかし、父との決別を世に示すため、名を「信之」に改めたと思われます。

1614年、一国一城令により廃城となりました。


所在地:群馬県吾妻郡東吾妻町原町

なぽのホームページ/群馬県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。