なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
常滑城も崖っぷちにありました。
訪問日は2014年8月4日です。

常滑城①見上げたところ
▲見上げたところ

常滑城はこの上にありました。
すごい地形ですヾ(@☆▽☆@)ノ
上に見える建物はお寺です。

常滑城②主郭
▲登り切った所

階段を登り切ると、そこには公園があります。
カラフルな滑り台や鉄棒がある、何の変哲もない普通の公園にしか見えず。
確かここだったハズですが・・・

常滑城③主郭の片隅に・・・
▲ハッケン(☆∀☆)

ありました!
西側の崖っぷちの木陰にひっそりと。

常滑城④城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

目の前まで来ればコッチのもの。
あちこちで見る写真のブツがそこにありました!


◆歴史◆

1529年までに水野忠綱により築かれました。

水野忠綱は水野忠政の弟です。
常滑城の初代城主であり1529年に没しているため、それまでには城があった事になります。
常滑は当時高級品であった陶器の生産が盛んで、伊勢湾を中心に莫大な利益を生みました。
当初は砦程度の規模でしたが、2代目・水野忠清の代に本格的な城として改修されました。
常滑城を本拠とした水野氏は代々「監物」を称したため、水野監物家と呼ばれます。

1560年、水野守次が織田信長配下として初陣を飾りました。

水野守次は織田信長に従い、桶狭間の戦で初陣を飾りました。
・・・思い切った事をしますねw
その後も織田軍の主要な戦に参加し、活躍したそうです。

1582年、織田信雄の城になりました。

城主・水野守次が明智光秀に味方したため、常滑城を退去しました。
そのため、尾張の領主・織田信雄の城となりました。
水野守次は京都に隠棲して茶の湯三昧の暮らしをしたそうですが・・・
1598年に北野の茶会で豊臣秀吉に見つかり、自害させられました。

1584年、城主が暗殺されました。

城主・岡田重孝は織田信雄の家老の一人で、常滑城の城主でもありました。
織田信雄が対立した羽柴秀吉は、織田信雄の三人の家老を引き抜こうと調略を仕掛けました。
三人の家老はこの調略には乗らず、織田信雄への忠義を貫きましたが・・・
織田信雄はこの動きを疑い、居城である伊勢長島城に三人を呼び寄せて殺してしまいました。
岡田重孝の居城であった星崎城をはじめ、常滑城でも抵抗する動きがあったようです。
そのため、常滑城は仮屋城の水野忠重により攻め落とされました。
その後、徳川家康の家臣・高木広正が常滑500貫の領主として入城しました。

1590年、廃城となりました。

徳川家康が関東へ移封となり、これに従って城主・高木広正も常滑城を出ました。
そのため城主不在となり、廃城となりました。


所在地:愛知県常滑市市場町

より大きな地図で 愛知県の城跡/なぽのホームページ用 を表示

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。