なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
梅森北城はお寺になっています。
訪問日は2014年8月4日です。

梅森北城③お寺の脇から
▲眺景寺へ

城跡にある眺景寺へ。
着いた!と思いましたが・・・
あちこちに載ってる城址碑が見当たりません。
・・・と思いながら、どうみてもお寺の正面ではありませんねあせる

梅森北城①眺景寺
▲眺景寺

ということで、右の方に見えていた門の前に回り込んでみました。
こちらが正解です。
どうも、やっと辿り着いたら裏側という事が多い気がします。
だからあちこちで道に迷って苦労するんですねw

梅森北城②城址碑
▲城址碑

そして城址碑バッチリ☆ですヽ(´ー`)ノ
ココを梅森「北」城と呼んでるということは、まだ他にあったという事ですネ!
ググって出てきたのは梅森「東」城で、ココから真南に120mの所にあったそうです。
「南」じゃなくて「東」になった理由はサッパリわかりませんあせる
梅森「東」城の城主は松平助左衛門とされていますが、出自等一切不明です。
距離が近いので、コチラの城主様とかなり近い関係だったと思います。
・・・もしかしたら、高照の出家前の名前だったかもしれませんね♪


◆歴史◆

1533年頃松平信次が城を築き、1538年にはお寺になっていました。

ザックリした流れは以下の感じと思われます。

1530年、松平清康が織田信秀との戦に勝ち、岩崎城を奪う。
1533年、松平信之・信次父子が岩崎郷に来て梅森に城を築く。
1535年、松平清康が守山城で家臣に斬殺される(守山崩れ)
1538年、松平信之の次男・高照が城跡の眺景寺の住職になり、岩崎城に丹羽氏が入る。
1540年、織田信秀が安祥城を攻略し、松平信之・信次父子が織田方に寝返った。

松平清康は徳川家康の祖父で、20代前半で三河を統一した凄い人物です。
「祖父」ですが、子の広忠は14歳の時に生まれ、孫の家康は広忠が16歳の時に生まれました。
中坊かそこらで子が生まれる時代だったんですね。
30歳で既に「おじいちゃん」です。
それでも孫の顔を見ずに世を去っていますが・・・
松平清康が亡くなったのは26歳の時で、尾崎豊と同い年です。

あっさり横道にそれましたあせる

この辺りは丹羽氏の支配地域ですが、織田・松平両家の間で旗色のいい方に従っていました。
そのためと思われますが、見張り的な意味合いで松平信之が派遣されたものと思われます。
よく書かれているのは「松平信次が城を築き、城跡の寺で次男の高照が住職になった」です。
家系図では松平信之が梅森城主、その三男・尊照が眺景寺の住職と書かれています。
松平信次と高照(尊照)の関係が、親子なのか兄弟なのかで混乱してますね・・・

松平信之も信次も、松平清康亡き後は織田信秀に寝返り、松平広忠と敵対しました。
松平清康が没した時、広忠はまだ9歳でしたけどw
元々の居城は佐々木城で、岡崎城とは川を挟んですぐの所にありました。
織田信秀が陥落させた安祥城からも近く、織田方の岡崎攻略の最前線となっています。

1540年に渡と筒針、1542年には上和田に砦を構えて岡崎城を狙っていましたが・・・
1547年、松平広忠の刺客・筧重忠により信次の兄・松平忠倫が暗殺されました。
その翌年、松平広忠と今川義元の連合軍が小豆坂で織田軍に勝ち、安祥城を奪還。
その後の動向から推測すると、松平信次はこの時に今川義元に降伏・臣従したと思われます。

すっかり梅森城から遠く離れてますあせる
城主様のその後って気になりますよね?

今川義元の配下となった松平信次は、1551年に兄の旧領・佐々木城を与えられています。
やはり織田方として一度は敵対し、領地を失っていたようですね。
この頃の三河では、1549年に松平広忠が家臣に斬殺され、無主状態となっていました。
広忠の嫡男・竹千代(後の徳川家康)は、1549年時点でまだ6歳ですから・・・
その後は竹千代を推す松平家の主流派と対立したようです。
1563年に三河で一向一揆に参加し、この時の戦で討死しています。


所在地:愛知県日進市梅森台1丁目(眺景寺)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。