なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
上菱野城は本泉寺となっています。
訪問日は2014年8月3日です。

上菱野城/①本泉寺
▲本泉寺

上菱野城の跡地には、山田泰親が開基した本泉寺があります。
もともとは別の場所にありましたが、江戸時代にココに移されました。
地形を見ていると、南側が開いた馬蹄形の丘が居館を囲んでいます。
当時主流だった殿谷戸形式のようですね!

上菱野城/②本泉寺
▲本堂

遺構はまったく期待していませんでしたが・・・
本堂とその周りの地形が、いかにも城跡っぽいです。
こういう威厳のある城跡のお寺も悪くないですね恋の矢


◆歴史◆

平安時代に源重定が菱野にやって来ました。

菱野城の説明板によると、1079年に源重定が菱野城を築いたとされます。
このきっかけとなったのが、美濃国内での源氏同士の合戦でした。
源重宗と源国房が郡上で派手な戦をしたため、両者とも朝廷から罰せられました。
討伐に来たのが源義家で、この縁で孫の重遠に義家の娘を娶っています。
この時に尾張国春日井郡浦野へ移ったとされます。
その源重遠の弟が重定で、山田郡のこの地に館を構えました。
・・・色々読む限りは、勝手に住み着いた感じです。

1221年、承久の乱で山田一族が討たれました。

当時の山田荘の地頭は山田重忠で、尾張国内にかなりの所領を持っていたようです。
後鳥羽上皇が鎌倉幕府を倒そうと挙兵すると、山田重忠は上皇に味方しました。
山田氏は都で上皇の警備が主な任務だったため、朝廷との関わりが深かったとされています。
戦の指揮を執ったのは都育ちの貴族で、奮戦虚しくあっと言う間に京へ追い詰められました。
最後は御所にも入れてもらえず、数に勝る幕府軍に追われて嵯峨般若寺山で自害しました。
山田重忠の嫡男・重継は討たれ、嫡孫・兼継は越後へ流罪となりました。

山田泰親と山田親氏が地頭となりました。

承久の乱後、山田氏は山田兼継の弟・山田重親の系統が残りました。
年代不明ですが、山田重親の子・泰親が上菱野、泰親の弟・親氏が下菱野の地頭となりました。
ここは上菱野城と呼ばれているので、菱野城が下菱野でしょうか・・・?

1283年、廃城となりました。

山田泰親が出家して子の山田重元に地頭職を譲り、廃城となりました。
この時に山田郷内に本泉寺を開基したそうです。

1613年、城跡に本泉寺が移されました。

元々は300m程南にあった本泉寺が、上菱野城の跡地に移されました。
何があってそうなったのかはわからず・・・
よくあるのは火事で焼失したとか、洪水で流されたとかですが、どうなんでしょう?


所在地:愛知県瀬戸市矢形町(本泉寺)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。