なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
上末城は道沿いに城址碑と説明板があります。
訪問日は2014年8月2日です。

上末城/①周辺
▲周辺の様子

来る前のリサーチでは城址碑と説明板があるだけ。
パチっと撮ってサッサと次へ、と目論んでいました。
写真は明るく写っていますが、この時既に17時半です。
あと数箇所行きたいということで、なかなか見つけられずに焦りました。

上末城/②城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

あれ?おかしいな?と、周辺をグルグル回って3周目でようやく見つけました。
上の写真の左側にある藪の中に、埋もれるようにしてありました!
この説明板、文字小さいのに結構離れた所にあります。
たぶん肉眼では読めないでしょうね・・・
土塁や空堀などもあるらしいのですが、おそらくはこの藪の中と思われます。
私有地っぽくて入って行くのがためらわれ、そのまま立ち去りました。


◆歴史◆

まずは現地説明板の文章です。

上末城/③説明板

落合勝正は尾張二宮大縣神社の祠官・重松秀村の三男と伝わります。
大縣神社はここから北へ約3.5kmの所にあり、楽田の真東に当たります。
距離はだいぶ近いので、岩倉城の織田伊勢守家に仕えていたのものと推測されます。

築城者の落合勝正は、文明年間(1469~86年の間)の人物とされます。

この年代は、応仁の乱(1467~77年)およびその後の織田家内紛の時期と重なります。
守護代の織田伊勢守家は守護・斯波義廉、織田大和守家は前守護の斯波義敏を奉じました。
戦いは織田大和守家方に有利に展開し、戦後は尾張を二分統治することになりました。
織田伊勢守家は守護所のあった下津城を追われ、1479年に岩倉城を築いて移りました。
上末城が築かれた時期と一致するため、戦功としてこの地を与えられたものと思われます。

上末城周辺のその後の出来事は以下の通りです。

1500年頃、織田伊勢守家が没落し、清洲の織田大和守家から来た養子が家督を継いでいます。
1550年頃、犬山城主の織田信清が織田信秀(織田信長の父)と争いました。
1559年、織田信長が岩倉城の織田信賢を滅ぼしました。
1564年、織田信長が犬山城の織田信清を滅ぼしました。

「滅ぼした」とは書きましたが、いずれの城主も追放で済んでいます。
落合勝正の子・安親が織田信長に仕えたのは、この頃ではないかと思われます。

1584年、小牧・長久手の戦の後、廃城となりました。

次に歴史に登場するのが小牧・長久手の戦です。
ただし、上末城で戦いがあった訳ではありません。
あったかもしれませんが・・・
落合安親が子の落合庄九郎とともに、羽柴方が三河へ向かう道案内をしました。

羽柴秀吉は楽田城、徳川家康は小牧山に本陣を置きました。
しかし、羽柴軍がいくら挑発しても徳川軍は動かず、睨み合いが続いていました。
そこで、羽柴方の池田恒興と森長可が、徳川家康の本拠・三河への奇襲を献策しました。
羽柴秀吉はあまり乗り気ではなかったとされますが、結果論かもしれません。
この三河奇襲隊の道案内を落合父子がしたというのです。

結果は皆様ご存知の通りで、裏をかいた徳川軍が池田恒興・森長可を討ち取っています。
この戦の後、上末城は廃城になったとされます。
地図を見ていると、子孫の方々がそのまま城跡に住み続けたようですね☆


所在地:愛知県小牧市上末

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。