なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
木ノ下城は犬山城の前身でした。
訪問日は2014年8月2日です。

木之下城/①愛宕神社
▲愛宕神社

城跡とされる愛宕神社です。
犬山市役所の真正面にあります。
市役所も城跡のような気がプンプンしますが・・・
遺構は何もありません。

木之下城/②城址碑
▲城址碑

左から見ると、こちらに城址碑がありますヽ(´∀`)ノ
何も無くても、これだけで全国各地回れちゃいます。
・・・だからキリが無くなっちゃうんですけどねあせる

木之下城/③説明板
▲説明板

奥の社殿の所に何やら文字の書かれて板があったので、ワラワラと近づいてみました。
すると、これは神社の縁起ではなく、バッチリ木ノ下城について書かれていました。
神社の縁起にお城の事が書かれているのはよく見るのですが、珍しいですねヽ(´∀`)ノ


◆歴史◆

1469年、織田広近により築かれました。

織田広近は尾張守護代・織田郷広の子です。
この頃は応仁の乱の真っ最中で、兄・織田敏広の命により築かれました。
美濃の斎藤妙椿の侵攻に備えるのが目的でした。

1475年、織田寛近が城主となりました。

織田広近は隠居し、次男・織田寛近に家督を譲りました。
嫡男・織田寛広は兄・織田敏広の養子となり織田伊勢守家を継いでいます。
織田広近はもと居た小口城へ戻り、萬好軒で閑居しました。

1481年、織田敏広が没し、織田寛広が岩倉の織田伊勢守家を継ぎます。
織田寛広は1494年に後ろ盾の斎藤妙純が討死してから勢力が衰えます。
1504年以降は文書に登場しなくなりますが、1537年に織田広高が跡を継いでいます。
しかし、織田広高の事績はほとんどわかっていません。
この頃は織田大和守家が優勢で、次第に呑み込まれたものと思われます。

織田信康が城主となりました。

織田信康は織田信秀の弟です。
文武両道の武将で、よく兄を助けたとされます。
岩倉城の織田信安が幼かったため後見したとされますが・・・
織田信安は1557年に嫡男により城を追い出されます。
逆算するとそんなに幼くもないような・・・w

1537年、廃城となりました。

織田信康が犬山城を築いて移ったためです。
犬山城と言えば、天守が現存する数少ないお城で国宝に指定されています。
この天守の2階部分までは、この時に築かれたものと考えられています。
織田信康はその後も兄・織田信秀に従い、1542年の今川義元との小豆坂の戦でも活躍しました。
しかし、1544年、斎藤道三との戦いで稲葉山城を攻めた際(加納口の戦)に討死しました。
家督は織田信康の嫡男・織田信清が継ぎましたが、織田信秀に対して反抗的でした。
そのため、織田信長とも争うこととなり、1564年に追放されるのでした。


所在地:愛知県犬山市犬山(愛宕神社)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。