なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
光明寺城は城址碑だけがあります。
訪問日は2014年8月2日です。

光明寺城/①城址碑周辺
▲城址碑周辺

光明寺城の跡地も住宅街となっており、遺構は見当たりません。
城址碑だけ写すと迷うかもしれないので、周りの様子も撮ってみました。

光明寺城/②城址碑
▲城址碑

かなり立派で目立つので、近くまで来たら迷いませんよね?
上の写真見て迷わずに済んだ、なんて方が居たら教えて下さいw


◆歴史◆

永禄年間(1558~69年の間)、神戸伯耆守により築かれました。

神戸伯耆守は丹羽長秀の家臣です。
岩倉織田氏の支配地域だったので、岩倉城落城後の1559年頃と思われます。
この頃は齋籐義龍の美濃へ侵攻している時期で、稲葉山城も見えたのだそうです。

1563年、松平元康が改名するきっかけとなりました。

桶狭間の戦の後、三河の松平元康は今川氏から独立しました。
暫くは織田信長と国境で小競り合いをしていましたが、やがて和睦し同盟を結びました。
清州城で同盟を結んだ後、織田信長は光明寺城へ松平元康を連れてきたのだそうです。
「光明寺の和尚は源義家の軍法に詳しいけど、おいらは平家の子孫だから教えてくれん」
・・・と言ったかどうかw
この和尚が軍法を教えたそうですが、条件は名前に「義」か「家」の字を付ける事でした。
松平元康は今川義元から与えられた「元」を捨て、「家」の字を取ったのだそうです。
その結果、松平家康と改名したのでした。
(松平→徳川への改姓は1567年デス★)

1569年、山田半兵衛が城主となりましたが、間もなく廃城となりました。

神戸伯耆守がどんな武将だったのかよくわからないのですが・・・
1569年の伊勢の大河原城攻めで討死しています。
この時は城を四方から包囲して夜襲をかけたのですが、雨が降り出し鉄砲が使えませんでした。
そのため攻城側が苦戦し、戦死者が多数出たのだそうです。
伯耆守は単騎で敵陣に突撃したのですが、神戸市介、神戸賀介らが討死したからでしょうか?

拙速な攻撃で痛手を受けた織田信長は、兵糧攻めに作戦を変更。
城内で餓死者が出始めると、織田信長の子を北畠家の跡継ぎにすることで和睦しました。
これが後の織田信雄です。

神戸伯耆守が討死した後、山田半兵衛が城主となりました。
山田半兵衛は織田信長の馬廻で、摂津池田城攻めや小谷の退却戦などで活躍しました。
信長公記でも「隠れなき武篇者」と書かれている猛者です。
織田信長はその後各地へ侵攻したので、ひとつ所には落ち着けなかったという事でしょうか。


所在地:愛知県一宮市光明寺町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。