なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
小田井城は公園に城址碑があります。
訪問日は2014年8月3日です。

小田井城/①公園
▲公園

小田井城の城址碑がこの公園にあります。
見た感じは、町にあるちょっと広めの普通の公園です。
城址碑は南西にあったそうですが、道を整備したためこちらに移したのだとか。
元々城址碑があった所は、古城交差点の辺りだったそうです。

小田井城/④バス停
▲バス停

公園の前にあるバス停です。
「城跡公園」と書いて「じょうしこうえん」とふりがなが振られています。
漢字が正しいのか、ふりがなが正しいのか気になりますが…
意味は通じてる(と思う)ので、どっちでもいいですよね?w

小田井城/②城址碑①
▲城址碑①

あまり広くない公園ですが、城址碑どこかいな?とちょっと探しました。
昔から探すのは苦手なもので、視界に入っていても気付かない性分です。
でも、ちゃんと見つけました!
愛知縣が建てた立派な奴ですヽ(´∀`)ノ

小田井城/③城址碑②
▲城址碑②

さらに視界を巡らせる(キョロキョロする)と、別の所にも石碑がありました。
近づいてみると「小田井城」と彫られていました!
同じ場所に城址碑が複数あるのは、仲が悪い団体が別々に建てたのかと思ってしまいます。
城址碑は移設された経緯もあるので、元々は別々の場所にあったかもしれませんがあせる


◆歴史◆

織田敏定により築かれました。

織田敏定は清州城を本拠とする織田大和守家の当主です。
斯波氏の家督争いで織田宗家(伊勢守家)と対立し、応仁の乱(1467-77)の原因となりました。
この戦乱の後、織田宗家と尾張を半分ずつ分割することとなり、下四郡の守護代となりました。
応仁の乱末期まで守護所は下津城にあり、清州城はその別郭という位置づけでした。
別郭とは言っても5km程離れていますけど。
この頃は織田宗家の織田敏広が拠点としていました。
そのため、織田敏定軍に攻められ焼け落ちました。

乱が終結した1478年、それまでの下津城から清州城に守護所が移っています。
ということで、それ以前の織田敏定は小田井城を拠点としていたと考えられます。
織田敏定が清州城へ移ってからは、その弟・織田常寛が小田井城の城主となりました。
織田常寛の家系は「藤左衛門家」と呼ばれ、清州三奉行を務めました。

織田藤左衛門家は、同格であった織田弾正忠家に早くから仕えていました。
1542年には今川氏親と戦った小豆坂の戦や、齋籐道三と戦った大垣城の戦に参戦しています。
大垣城の戦では、藤左衛門家の当主・織田寛維が討死しています。
その後は織田信張が家督を継ぎ、織田信長の主だった戦に参戦しています。
1577年の紀州攻めの後は、和泉半国の支配を任されていました。

1584年、廃城となりました。

織田信張の孫・織田信氏は、本能寺の変の後は織田信雄に仕えていました。
その2年後に織田信氏が没すると、その弟である織田忠辰が家督を継ぎました。
それから間もなく織田信雄が羽柴秀吉と対立し、小牧・長久手の戦となりました。
この戦で織田忠辰は羽柴軍により小田井城を追われ、城はそのまま廃城となりました。
後に織田忠辰は許され、豊臣秀吉、豊臣秀頼に仕えました。
豊臣家が滅ぼされた後、藤左衛門家は津田姓を名乗るようになり、尾張藩士として続きました。


所在地:愛知県清須市西枇杷島町小田井2丁目

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。