なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
片原一色城跡には神明社があります。
訪問日は2014年8月2日です。

片原一色城/①城跡
▲城跡

城跡周辺は田んぼで、その中にポツンと神明社がある感じです。
何か無いかとウロウロしましたが、城址碑や説明板などお城関係の物はありませんでした。

片原一色城/②神明社社殿
▲神明社社殿

訪ねた時は丁度社殿が新しくなっている所でした。


◆歴史◆

応永年間(1394~1428年の間)、橋本宣都寺が良王とともに尾張に来ました。

南北朝時代に尹良親王の子・良王を守り、津島四家七苗字と一緒に尾張に来たとされます。
津島四家七苗字には、奴野屋城の大橋氏、荷之上城の服部氏が含まれます。
ということで、南朝方として戦っていました。
橋本氏の支城(儀長城、井堀城、三宅城)を地図に落とすと、三宅川沿いに一直線に並びます。
それぞれの築城年代は不明ですが、三宅川の対岸からの侵攻に備えたように見えます。
※三宅川や支城は片原一色城の南東にあります。下の地図でも見えるようにしています^-^

橋本一巴が織田信長の鉄砲の師匠となります。

『信長公記』巻首の「上総介殿形儀の事」に、橋本一巴が登場します。
若き日の織田信長は、弓を市川大介、鉄砲を橋本一巴、兵法を平田三位に師事したそうです。
これは織田信長が16~18歳頃の事とされており、まだ家督を継ぐ前の事です。

1558年、橋本一巴が浮野の戦で討死しました。

浮野の戦は、織田信長が岩倉城主・織田信賢と戦った戦です。
この戦は織田信長が勝利し、上四郡も手に入れて尾張統一を果たしました。
岩倉城方には山内一豊の父・盛豊と堀尾吉晴の父・泰晴も参戦していたそうです。
橋本一巴は弓の達人・林弥七郎と鉄砲隊弓の一騎討ちを行い、相討ちとなりました。
相手が弓の達人なら市川大介の出番のような気がしますけど・・・w

1596年、橋本道一が肥前で没しました。

橋本一巴が討死した後、橋本道一が家督を継ぎました。
橋本道一も鉄砲の腕が優れていたようで、朝鮮出兵の際に鉄砲頭に選ばれていました。
しかし、海を渡る前に肥前で病没しました。

1615年、廃城となりました。

江戸幕府による一国一城令により廃城となりました。
現在は城跡に神明社があり、東のちょっと離れた所に城址碑があります。
訪問時に分からず、後からGoogleマップのストリートビューで見つけましたがあせる


所在地:愛知県稲沢市片原一色町(神明社)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。