なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
榎津城は神社になっています。
訪問日は2014年8月2日です。

榎津城/①神社
▲神社

新川の高い土手を下った所にこんな感じの所があります。
ここが榎津城跡とされる三輪社のある場所です。
やはりといいますか、住宅街の中にあってもしっかり鎮守の杜があります。

榎津城/②神社は2つ
▲神社は2つ

正面に回ると、鳥居の両脇に社名が刻まれた石柱があります。
三輪社と津嶋社。
津島神社は織田氏が氏神として祀っているんだそうです。


◆歴史◆

尾張武田氏のお城でした。

築城年は不明ですが、武田氏が居城としていました。
史料に出てくる武田氏を拾い集めてみました。

武田五郎
尾張守護・今川氏の被官。
1514貫925文。
坂田を知行とする。
『尾張国在庁官人連署注進状』(1379年)
→坂田は中島郡に属し、今の稲沢市坂田町の辺りと思われます。
 今川氏被官ということは、甲斐→駿河→尾張に移ったということでしょうか。
 そこまではわかりませんでした。
 まだ榎津には居なかったようです。

武田兵庫頭
3貫867文(中略)尾州三ヶ村段銭『造内裏段銭并国役引付』(1456)
7貫167文(中略)尾州坂田庄同高島村段銭(同上)
→段銭は臨時に課される税の事なので、どこの誰がいくら納めたか、という記録ですね。
 「三ヶ村」がどこなのかはサッパリわかりませんがw

武田兵庫助
守護代織田大和守敏定家臣。『小笠原左衛門佐宛敏定書状』(文明年中1469~86年)
※織田敏定は清洲城主で、1451年生まれ1495年没です。

武田佐吉
織田信長家臣。
天正6年(1578)12月11日摂州高槻城御番手の1人。山城国の代官。
天正7年(1579)12月16日石清水八幡宮手釿初奉行の1人。(信長公記)
950貫文、志田見ノ郷。此内450貫をキノ郷内大炊ナハ(織田信雄分限帳)
→「志田見ノ郷」は飛島村の志段味のことでしょうか?
 一気に南下したかもしれません。
 もし当たってるとすれば、位置は伊勢長島のすぐ東です。

武田喜太郎
土方貞吉。武田家養子。

武田五郎三郎
織田信雄家臣。
天正12年(1584)小牧・長久手の戦和睦後より同15年(1587)まで犬山城代
『尾州誌』

武田兵庫頭
尾州海東郡榎津の城主『尾州誌』
→これだけだとサッパリです。
 上に挙げた「兵庫頭」と同一人物なのかすらわからず。


尾張武田氏についてザックリですが・・・
今川氏が尾張守護をしていたのは1393~98年の5年の間です。
1379年当時の尾張守護は土岐頼康だったので、?という感じですが・・・
そのまま尾張に土着して清洲城の織田氏に仕え、所領は坂田が中心だったようです。
この坂田が稲沢市坂田町のことであれば、清洲の北側ということになります。
『尾州誌』ではハッキリと海東郡榎津と書かれていますが、どうなんでしょうか?
地理的には、北畠氏と織田氏が小競り合いをしていそうな場所なんですけどね。

尾張武田氏は土方氏から養子を迎えたこともあります。
土方貞吉が養子となり、武田喜太郎を名乗っています。
この土方氏の城とされるのが、南隣にある江松城です。
武田喜太郎がいつ頃の人物なのかがわからず・・・
何となくですが、武田氏が対北畠氏の最前線を守備した、ということでしょうか。


所在地:愛知県名古屋市中川区富田町榎津(三輪神社)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。