なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
古渡城(ふるわたりじょう)は、浄土真宗大谷派の名古屋別院となっています。
訪問日は2014年8月3日です。

古渡城/①名古屋別院
▲浄土真宗大谷派 名古屋別院

名古屋の街のド真ん中にこんなデカイお寺があります。
流石は東本願寺!
丁度車が来て停まったので、一緒に入れて写してみました。
高さは善光寺と同じくらいあると思います。
ちゃんと駐車場もあるので、街中ながら訪ねやすい所です。

古渡城/②城址碑
▲城址碑

その駐車場脇の一角に城址碑があります。
遺構は見当たらなかったのですが、来て良かったです。
織田信秀のお城だったのを、歴史調べてから知ったので。
いつも城巡りの時は、何があるかと、迷わないよう地図はよく調べて行きます。
めぼしい所だけでもザッと歴史を調べておけば、取りこぼしも減るのでしょうけどあせる


◆歴史◆

1534年、織田信秀により築かれました。

織田信秀は三河の松平清康に備えるため、古渡城を築いて居城としました。
それまでの居城・勝幡城から一気に15kmも東に移動しています。

古渡城は那古野城から3.5km南にあるので、那古野城を奪った後と考えられます。
ただ、那古野城は今川氏の飛び地だったので、古渡城を築いたのはその準備とも考えられます。
織田信秀は今川氏豊から那古野城を奪うため、油断させる作戦をとりました。
和歌を通じて親しくなり、お互いの居城を行き来するなどして信頼関係を構築しました。
そしてある時、織田信秀は那古野城を訪ねた際に豹変し、一気に城を乗っ取ったのだとか。
その年は1532年だったり1538年だったりと諸説あります。

1546年、織田信長が元服しました。

織田信長が元服したのが、ココ古渡城でした。
この時13歳で、那古野城主でした。

1548年、廃城となりました。

織田信秀が美濃へ出陣中に、清洲城主で尾張守護代の織田信友軍に攻められました。
城下の町は焼かれてしまいましたが、落城せず守り切りました。
同じ年に織田信秀は末森城を築き、居城を移しました。
このため、古渡城は廃城となりました。

1690年、東本願寺の名古屋別院が建立されました。

尾張藩2代藩主・徳川光友より古渡城跡の寄進を受け、東本願寺が名古屋別院を建立しました。
太平洋戦争の際に空襲で焼失しましたが、再建されて今日に至っています。


所在地:愛知県名古屋市中区橘2丁目(真宗大谷派名古屋別院)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。