なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
広井城跡は神社になっています。
訪問日は2014年8月3日です。

広井城/①目の前は高速道路
▲高速道路が目の前

広井城は名古屋のド真ん中にありました。
目の前には名古屋高速2号・東山線が通り、すぐ脇には堀川が流れています。

広井城/②神社
▲石神神社と洲崎神社の鳥居が並ぶ

その堀川を渡る橋の北東岸に鳥居が2つ並んでいます。
ここが広井城の跡とされています。
境内に複数のお社があるのはよく見るのですが、鳥居が2つ並んでるのはあまり見ません。
きっと何やら深い事情があるんでしょうね。
面白そうではありますが、おいらは城キチなので、そういう所には深入りしませんw

広井城/③城名の書かれた額
▲説明板?

唯一お城があったと思わせてくれるのは、これだけです。
「天文年中城主中村氏以後社家が廣井村を支配」
中村氏が去った時に廃城になったという事ですね。


◆歴史◆

天文年間(1532~54年の間)、中村氏が城主でした。

神社の表にある通りですがあせる
中村元利は今川氏豊に仕えていました。
その支配地域はココから北側一帯でした。
中村元利が仕えた今川氏豊は那古野城主でした。
尾張は今川氏が守護だった時期があり、その頃から那古野城に居座り続けていました。
この今川氏豊から那古野城を奪ったのが、織田信秀です。
その時期は1532年説、1538年説があり、確定はしていません。
1538年にまだ幼い織田信長が那古野城主となっています。


余談ですが、面白い話を見つけたので書いちゃいます。
お城の歴史を調べてると、こういう脱線話が見つかるのが楽しいです♪
中村元利の子・元勝のその後です。

中村元勝は母親が寺に預け、僧侶にする道を選びました。
成長した元勝は力が人並み以上に強く、特に強弓を好んだそうです。
そして、父の最期を知ると薬師如来像を射倒し、寺を出て駿河に向かいました。

駿河に着いた時、府下(駿府?)で府兵が盗賊と戦いましたが負けました。
これを見た中村元勝は盗賊を次々矢で射倒し、矢が尽きたら刀で斬り倒したそうです。
まだ髪が伸びておらず、頭には赤い布を巻いていた頃の事です。
この話をきいた今川義元が中村元勝を召抱え、今川氏真の弓衆として二百貫で召抱えました。
今川家中では「赤手拭」と呼ばれていたそうです。

今川義元が桶狭間で討たれた後も、今川氏真に仕えていました。
武田信玄が駿河に攻め込み、最後の戦いとなった掛川城での篭城戦にも参加しています。
掛川城は武田信玄と密約を結んでいた徳川家康が攻めていました。
この攻城戦で、徳川家臣の水野忠重が中村元勝の矢に苦しめられていました。
徳川家康は中村元勝について調べ、赤手拭の逸話に関心を示したそうです。

1569年、半年に渡る篭城戦の末、今川氏真が降伏して北条氏政の元へ落ち延びました。
この時に中村元勝は尾張へ帰りました。

1586年、中村元勝の勇名を聞きつけた織田信雄は、1500貫で元勝を召抱えました。
織田信雄が改易された時は従おうとしましたが許されず、豊臣秀次が2000石で召抱えました。
その後、徳川家康の会津征伐にも従軍し、尾張藩主・徳川忠吉に3000石で召抱えられました。
1610年、67歳で没したそうです。

1610-67=1543 ・・・ 計算が合いません(;・∀・)


所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目(洲崎神社)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。