なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
日置城の跡地は松原緑地となっており、大きな樟が残されています。
訪問日は2014年8月3日です。

日置城/①松原緑地
▲松原緑地

住宅街の一角にフェンスで囲まれた場所があります。
このフェンスに松原緑地についての説明板があります。
その説明文によると、中の大クスノキは弘法大師が植えたのだとか。
織田信長は出陣の際、このクスノキに戦勝祈願をしていたそうです。

日置城/②大樟の根元
▲大樟の根元

この大クスノキは第二次大戦中に、空襲により焼けてしまいました。
しかし、焼け跡から芽を出し今に至るそうです。
かなり太い幹がぽっかり空いているのは、その名残なんですね。
もしお話し出来るなら、色々ききたい事が(^-^)


◆歴史◆

築城年、城主ともに不明です。

平安時代には日置荘の拠点があったそうです。
今は住宅街になっており、面影は全くありません。
城主は織田寛定と織田忠寛の2説があるそうです。
家系も時代も合わないのですが・・・・
2人とも城主だった時期がある、てなんて説もアリだと思うのですがw
せっかくなので、2人について調べてみました。

織田寛定

生年不詳 - 1495年没
尾張守護代で清洲城主・織田敏定の嫡男です。
1494年、美濃守護代・斎藤氏の内紛である船田合戦に介入しました。
その一方の当事者である石丸利光の娘を正室に迎えています。
この戦の最中に父・織田敏定が陣中で没し、家督を継ぎました。
しかし、その年の9月に美濃へ出陣した際に討死しています。
日置城に入ったとすれば、1495年に家督を継ぐまでの間と思われます。

織田忠寛

生年不詳 - 1577年1月没
楽田城主・織田寛貞の子。
清洲三奉行・織田藤左衛門家の庶流です。
1562年に父・織田寛貞が犬山城の織田信清とともに織田信長と敵対。
戦いに敗れた織田寛貞のその後は不明です。
子の織田忠寛は織田信長に仕えました。
楽田城は坂井政尚が城主となったため、日置城に入ったとすればこの頃と思われます。
織田信長のもとでは対武田外交を担い、何度か甲斐へ赴いています。
後に織田信長の子・茶筅丸(織田信雄)の後見を務め、伊勢の安濃津城主となりました。
しかし、北畠具教一族を滅ぼす際に消極的な言動が目立ち、1577年に誅殺されました。

所在地:愛知県名古屋市中区松原1丁目(松原緑地)

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。