なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
島田城は本丸が削られつつ残っています。
訪問日は2014年8月4日です。

島田城/①道から見た所
▲道から見た所

島田城は道が城跡をこんな感じに貫いています。
一応周囲より高かった、ということだけは分かりますよね。
平城ですから高低差はせいぜいこんなものでしょう。

島田城/②通路
▲通路

手前の説明板の脇に階段があるので登ってみました。
すると、奥へと続く通路が。
本能のままに吸い寄せられて行くのでしたw

島田城/③階段
▲階段

何やらここ登れ的な階段が。
あ・や・し・い~!と思いつつ、体が勝手に吸い寄せられて行きます。

島田城/④祠
▲祠

登った先には小さな祠が!
常に手入れがされているように見えます。
周囲に城主様のご子孫が大勢いらっしゃるようですね^^


◆歴史◆

1548年頃、牧長義が小林城の出城として築きました。

1548年、織田信秀は三河に攻め入りましたが、松平・今川連合軍に撃退されました。
これが第二次小豆坂の戦いで、織田信秀は末森城を築いて居城を移しました。
この時に牧長義が小林城を築き、その出城として島田城を築きました。
島田城には一族の牧虎蔵を置いて守らせました。

地図で見ると小林城は古渡城の近くで、島田城はその南東7kmの所に位置します。
松平・今川勢に備えて織田信秀が築き移った末森城も、小林城の東にありました。
この配置は何となくですが、織田氏が牧氏を守っているように見えます。

牧氏は尾張守護である斯波氏の一族です。
斯波義達の子・津川義長を祖とし、義長の子・長義から牧姓を名乗るようになりました。
牧長義は織田信秀の娘を子の長清の正室に迎えています。
つまり、牧長清と織田信長は義兄弟ということになります。

その後の島田城の様子はわかりませんでしたあせる

牧氏は島田城のすぐ北にある島田地蔵寺を菩提寺としています。
1442年に建立されて何度か廃れたそうですが、1541年に牧義次により修築されています。
また、1560年に戦火によって焼失しましたが、後に牧義汎により再建されています。

1560年といえば、桶狭間の戦いがあった年です。
織田軍と今川軍が小競り合いを繰り返した大高城や鳴海城は、島田城の南西約6kmの所です。
推測ですが、島田城も今川方に攻められたと思われます。

牧氏は牧長清の曾孫・盛永の時に岡村姓に改姓したそうです。
そのため、支流の牧長正が牧氏を継承し、子孫は江戸幕府旗本として続きました。
また、長正の孫である勝重は本家から分かれ、尾張藩士となっています。


所在地:愛知県名古屋市天白区島田5丁目

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。