なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
壁田(へきだ)城は千曲川東岸の河岸段丘上にありました。
訪問日は2013年7月31日です。

壁田城/①堀切
▲歩き始めてすぐの堀切

地図を見ていると、壁田城へまっすぐ向かう道があります。
その車道の終点からさらに歩く道があり、その先に壁田城があります。
歩き始めて1分の所にこの堀切があります。
城跡があるからということで、道を造るのをやめたのでしょうか?

壁田城/②堀切
▲主郭手前の堀切

最初の堀切から1分も経たない内に、また次の堀切があります。
車道は城のすぐ手前まであったんですね。
道がシュッシュッと曲がる様が何とも言えません恋の矢

壁田城/③主郭の城塁
▲主郭の城塁

この堀切から上がった所が郭になっており、段の上に神社の社殿が見えます。
社殿を後ろから見ているので、こちらは搦手口だったのでしょうか。
雑草に覆われてサビ切ったブランコが哀愁を誘います。

壁田城/④神社
▲主郭にある神社

主郭に上がって正面から神社を見ました。
お賽銭箱もガラガラの鈴もありません。
ちょっと変わってますよね?

壁田城/⑤南側から見た主郭
▲南側から見た主郭

神社正面には鳥居があります。
当たり前ですねw
この先にも郭や堀切があるかもしれませんが・・・
真夏で雑草が茂っており、先に進む勇気がありませんでしたあせる


◆歴史◆

高梨氏家臣・山田氏の城でした。

築城年代は不明ですが、かなり古くからあったようです。
地理的には善光寺平と飯山城の間にあり、武田信玄と上杉謙信が争った所です。

1559年、武田軍により高梨氏の本拠・小舘が陥落しました。
高梨政頼は長尾景虎(上杉謙信)を頼り、北の飯山城まで退きました。

1566年、武田信玄が山田飛騨守・山田左衛門尉に所領を安堵する書状を送っています。
この頃までの山田氏は上杉方だったという事ですね。

1569年、武田信玄と上杉謙信は、将軍・足利義昭の仲介により和睦します。
これにより、境目の城としての役割を終えたと思われます。
廃城時期はわかりませんでした。


所在地:長野県中野市壁田

なぽのホームページ/長野県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。