なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
城跡は現在、花岡遺跡公園となっています。
訪問日は2013年7月30日です。

花岡城/②入口
▲公園入口

城跡は公園として整備されており、道端には案内も出ています。
最初は「花岡遺跡公園」という名前を見てスルーしちゃいましたが・・・
頭の片隅に引っ掛かって位置を確認して戻って来ました。
公園として登城路が整備されているので、真夏でも楽に登ることが出来ます。

花岡城/①案内図
▲案内図

公園入口にある説明板に載っている案内図です。
こうして見ると、東側に堀切があるんですね・・・
近道でさっさと登ってしまったので見ていませんでした。
今行けば遠回りでも見るのですがあせる

花岡城/③近道
▲近道!

これがその近道です。
幅の広い綺麗な道を歩いていると、時々近道が現れます。
何度か誘惑に負けずに広い道を歩いていたのですが、つい誘惑に負けちゃいました。

花岡城/④展望台
▲展望台

さすがに近道だけあって、あっという間に主郭に着きました。
そこには木造の展望台が!
模擬でもそれっぽい雰囲気があれば、おいら的にはokです。
デジカメの広角レンズでも入りきらなかったので、iPhoneでパノラマ写真を撮りました。
今でも狭い場所や1枚で収まり切れない場所では重宝しています^-^

花岡城/⑤説明板
▲説明板

たしかこの展望台にあったと思うのですが・・・
武田信玄が用いた狼煙台ネットワークの説明板がありました。
そこにはココ花岡城も描かれています。

花岡城/⑥眺め
▲展望台からの眺め

展望台からの見晴らしはとても素晴らしかったです。
発掘調査では焼土が出ず、狼煙台説も見直されそうですが・・・
それでもこれだけ見晴らしが良ければ、重要な拠点になりますよね!


◆歴史◆

築城年代、築城者、城主とも不明ですあせる
佐久地方のお城ってあまり史料が残っていないのでしょうか・・・
馬越城、蟻城に続き、ココも記録がありません。
地理的には伴野氏の勢力圏であり、東には武蔵に通じる十石峠がある要衝です。

伴野氏は鎌倉時代はじめに小笠原氏から分かれた家柄です。
家紋はバッチリ小笠原氏と同じです。
小笠原氏の惣領だったそうですが、霜月の乱で一時没落しました。
所領は北条氏により没収されましたが、鎌倉幕府滅亡を機に復活を遂げました。
その後、徐々に勢力を拡大すると、北の大井氏と争うようになりました。

そこで、伴野氏がパートナーに選んだのが、南隣の甲斐守護・武田氏です。
戦国時代には伴野・武田連合軍が大井・村上連合軍と佐久の地を巡って衝突しています。
最終的には大井氏を配下に加え、村上氏を追いやった武田信玄の領地となりました。
その後、府中・深志城の小笠原氏も駆逐して、武田信玄は信濃を手中に収めました。

信濃を追われた村上義清は、越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼りました。
そこから有名な川中島合戦が何度も繰り返されます。
武田信玄が上杉軍の動きを察知するため、狼煙台を利用したことはよく知られています。
『四隣譚藪』には高坂弾正の飛脚篝として花岡山の名が登場します。
やっぱり狼煙台としても使われていたのでしょうね。


所在地:長野県南佐久郡佐久穂町海瀬花岡

なぽのホームページ/長野県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。