なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
上ノ平城は天竜川の東岸にあります。
訪問日は2013年7月30日です。

上ノ平城/①要図
▲要図

現地の説明板にあった図です。
こうやって見ると、伊那っぽさ満点です。
舌状台地を堀切で切っていますからねw
他とちがうのは、東西が逆だということくらい。
天竜川の反対側なので、こちらで城を築くとこうなりますネ!

上ノ平城/②周囲の状況
▲周囲の状況

地形はなだらかな丘陵といった印象を持ちました。
でも、等高線見てるとそうでもないですねあせる
台地の上で台地側を見てるとそう感じますが、道の右側は結構急斜面です。

上ノ平城/③説明板
▲説明板

説明板は道端にあり、その前に駐車スペースがあります。
城域の真ん中辺りにあり、ここから見て回ってネ的な配慮が感じられます。
説明板のすぐ脇には「三の堀」の案内が。

上ノ平城/④三の堀
▲三の堀

その三の堀ですが、埋められています。
何となくそれっぽく見えるのは、発掘調査をして埋め直した後でそうしたのでしょうね。

上ノ平城/⑤堀
▲その奥の堀

その三の堀に沿って奥へ進むと、かなりはっきりした堀があります。
ここは特に名前が無いようですが、現在見られる堀では一番深いです。
名前が無いのが気になりますが・・・畑と畑の境目にしては大袈裟な感じがします。
やる人はここまでやるかもしれませんがw

上ノ平城/⑥二の堀
▲二の堀

主郭を横切って西へ進むと、今度は二の堀跡があります。
ここも堀は埋められてしまっていますが、主郭との段差があります。
このほかにも主郭の東には三の郭、四の郭が続きます。
郭も堀も規模が大きく、戦国時代の伊那地方のお城の特徴がよく表れていると思います。

二の郭の更に西には一の郭がありますが、見ていませんあせる
山林化して下草もボーボー、季節は真夏で雨降ってたので。
二の郭と一の郭の間の空堀はちゃんと残っているそうです。


◆歴史◆

平安時代に源為公により築かれたと考えられます。

源為公は信濃守として赴任し、そのまま土着しました。
母親が源頼信の娘のため、源義家とは従兄弟の間柄です。
その源義家は1083年の後三年の役で大活躍した武将です。
為公もその時代の人物ということになりますね!
為公は伊那一帯を支配しており、子の為基が一部を分知されて片桐氏の祖となっています。

その後、為公の子孫は中津姓を名乗り、中津頼継は他田信忠を猶子にしています。
他田氏は「おさだ」と読み、祖先は諏訪一族の金刺氏です。
平安時代に小県郡の郡司を務めており、子孫には保科氏がいます。

信忠の孫が信貞で、諏訪敦光の子・知久敦俊の養子となっています。
これが源平合戦の頃で、信貞の系統は以後は知久姓を名乗っています。

鎌倉時代に一度廃城になったと見られます。

中津氏の所領を継いだと見られる知久信貞は、1221年の承久の乱の後、知久平に移りました。
知久平は上ノ平城からはかなり南に離れています。
上ノ平の広大な領地は誰が治めたのでしょうか?
地理的に見るとすぐ近くの有力氏族である藤沢氏かもしれません。

戦国時代に城として使用された形跡があります。

平成10年から12年(1998~2000年)にかけて、上ノ平城跡で発掘調査が行われました。
この調査では柱の跡や大量の炭化物、埋まっている堀などが見つかりました。
その時代が戦国時代と比定されており、城として機能していたようです。

記録が無いので想像するしかありませんが・・・

戦国時代の1542年から1545年にかけて、ここら辺は武田軍と藤沢軍がたびたび戦いました。
藤沢頼親は武田晴信と戦っては降伏し、謀反を起こすという行動を繰り返していました。
藤沢氏の本拠地である福与城は、上ノ平城の南にあります。
東側は盟友である高遠氏の勢力圏なので、武田軍に備えるのは北だけで十分です。
高遠氏がちゃんと戦えれば、ですがw

1544年、藤沢頼親が荒神山城を築いて謀叛を起こしました。
武田軍は当然鎮圧に掛かりますが、城を落とせず撤退しました。
この様子を見た高遠頼継も反武田の兵を挙げ、諏訪一帯を攻めました。

翌1545年、武田軍が2万の兵力を整えて乱の鎮圧に乗り出しました。
2万ってたぶん全力ですよねw
これにビビった高遠頼継は、戦う前に高遠城を捨てて逃げてしまいました。
藤沢頼親もビビったでしょうが、府中の小笠原長時に援軍を要請しました。

しかし、府中の小笠原軍は武田軍にコテンパンに敗れてしまいます。
鈴岡の小笠原軍も援軍として来はしましたが・・・戦わない内に謎の撤退をします。
万事窮した藤沢頼親は、弟の権次郎を人質に出して武田軍に降伏しました。
もう何回許せば気が済むんだと思いますが、武田晴信は降伏を受け入れました。
信玄スゲー太っ腹ヽ(´∀`)ノなんて思ったのですが・・・
その翌日、武田軍は福与城を焼き払ってしまいました。

上ノ平城が焼かれたのもこの時じゃないかと思います。
「上ノ平」って、福与城から見たら天竜川「上」流の「平」らな城ですからね。
・・・これも推測ですあせる


所在地:長野県上伊那郡箕輪町東箕輪

なぽのホームページ/長野県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。