なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
飯島城は場所が分かりづらいかもしれません。
訪問日は2013年7月29日です。

飯島城/①案内図
▲案内図

本城にあった説明板です。
木々に囲まれ暗かったので、粒子が粗くなってます(>_<)
図が設置されている場所が北から南を見るので、南北が逆になっています。
この図を見ると、国道が城域を分断しているのがわかります。
図を見てから国道の反対側も城域だと知ったのですが・・・あせる見ていません

飯島城/②国道
▲城域を分断する国道

その国道です。
堀切の跡を通したのではなさそうですね。
図では郭のド真ん中通っていますから。
ただし、現場ではそこが城域という雰囲気は感じませんでした。
これだけ大きな国道のそばだというのがあったかもしれませんが。

飯島城/③説明板
▲説明板

この説明板は、図の右の方にある本城の所にあります。
そこに至る道は・・・地図をご参照下さいw
最後は畑から森の中に突っ込む細道です。
現地ではマジか?なんて思いましたけど。

飯島城/④本城の土塁
▲本城の土塁

その森に入る位の所に、道に直交する感じで土塁がありました。
高さは3mほどあった記憶があります。
土塁は木々に覆われており、昼でも暗かったです。
生憎の雨天というのもありましたが。
本城の郭の中も畑になっていました。


◆歴史◆

飯島氏の居城でした。

築城年代は不明ですが、飯島氏が戦国時代まで居城としていました。
飯島氏の出自も不明ですが、南の片桐氏から派生したとする説があります。
片桐氏は平安時代末、大島城や名子城など、庶子にあちこち分知しています。

1554年、武田信玄の軍門に降りました。

飯島氏は他の伊那の諸侯と同様、小笠原氏に従って武田軍に抵抗しました。
しかし、小笠原氏の鈴岡城が陥落すると降伏しました。
飯島為政は片切氏、上穂氏、赤須氏、大嶋氏らとともに五人衆として五十騎の軍役を担いました。

1582年、廃城となりました。

織田信長が武田勝頼討伐のため、伊那を攻めました。
武田信廉は居城の大島城を捨てて逃げてしまいましたが・・・
飯島氏は最後まで抵抗しました。
飯島城は攻め落とされ、飯島重家は高遠城に移り、そこで討死しました。
生き残った飯島氏は、徳川家康や小笠原氏を頼って落ち延びました。


所在地:長野県上伊那郡飯島町本郷

なぽのホームページ/長野県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。