なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
船山城は大部分が林檎畑となっています。
訪問日は2013年7月29日です。

船山城/①御射山神社
▲御射山神社

城域の入口に御射山神社があります。
読み方は・・・わかりませんwww

船山城/②城址碑
▲城址碑

この神社の目の前に城址碑があります。
2つ並んでいますが、別々の人が建てたんですね。
仲が悪かったのでしょうか?

船山城/③堀切
▲二の丸脇の水堀

神社の西側には細長い池があります。
道に対して垂直に伸びる池・・・2郭の堀跡です!
空堀ばかり見てきたので、水堀はとても新鮮に感じました。

船山城/④二の丸
▲二の丸

城址碑の所から果樹園の中を真っ直ぐ1本の道が通っています。
この道端に二の丸の標柱がありました。
・・・畑ですねw

船山城/⑤本丸
▲本丸

更に真っ直ぐ進むと、今度は本丸の標柱が。
・・・畑ですねw
二の丸と本丸を隔てている堀があるようなのですが・・・
どうやら見落としてしまったようですハートブレイク


◆歴史◆

平安時代末頃、片桐為基により築かれたと考えられます。

片桐氏は清和源氏で、源為公の子・為基が片桐姓を名乗った所から始まります。
時代は源氏と平氏が武門の棟梁を争っていた時期で、源氏に従っていました。

1156年、保元の乱で、為基の孫・片桐為重が討死しました。
1159年、平治の乱で、為重の弟・景重は、源義朝を逃がすため六条河原で討死しました。
片桐氏の家督は子の為安が継ぎましたが、所領は平氏に没収されました。

1184年、片桐為安が片桐郷へ復帰しました。

片桐為安は所領を失った後も源頼朝に仕えていました。
源頼朝は平氏を京から追うと、片桐為安に片桐郷を安堵しました。
その時の様子が『吾妻鏡』に記述されています。

1221年、承久の乱では幕府側として戦い、美濃国彦次郷を与えられました。
この時に片桐為頼が美濃の所領へ移りました。
為頼の子孫には、賤ヶ岳七本槍として勇名を馳せた片桐且元がいます。

室町時代には信濃守護の小笠原氏に従ったとされますが・・・
1400年の大塔合戦、1440年の結城合戦以後、暫くは動向がよくわかっていません。

1554年、片桐氏は武田信玄の配下となりました。

第一次川中島合戦の後、知久氏と座光寺氏が反武田の兵を挙げました。
武田信玄が自ら兵を率いて乱を鎮圧しましたが・・・
この時、府中と鈴岡の小笠原氏とも戦って、両小笠原氏は信濃を追われました。
片桐氏や大島氏など春領五人衆は武田軍に降伏し、以後五家で50騎の軍役を担いました。

1582年、片桐氏が滅亡しました。

織田信長が信濃に侵攻した際、片桐氏は抵抗しました。
この戦いでは武田信玄の弟・信廉が大島城を捨てて逃げましたが・・・
片桐政忠(昌為)は織田軍と戦って討死しました。
その長子・片桐長公も大島城で討死しました。
片桐城はこの時に廃城となりました。


所在地:長野県下伊那郡松川町上片桐

なぽのホームページ/長野県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。