なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
顔戸城は調べてビックリ、斎藤妙椿の館でした。
訪問日は2013年8月2日です。

顔戸城/①縄張図
▲縄張図

行く前はまだ美濃の歴史に疎かったです。
当時は「居館か。御嵩城近いし、堀と土塁があるならついでに寄るか」という感じでした。
今は色々美濃の歴史に接したのでわかるのですが・・・
応仁の乱の時に美濃で大活躍した斎藤妙椿の館でした。
今見に行ったら、もっとちゃんと見るのですがあせる

顔戸城/②北側
▲北側の土塁

地図では国道21号線沿いにあり、迷う事はありませんでした。
ただし、お城の周りの道が思ったより細いので通り過ぎてUターンしましたが。
国道から館の左下の道に入り、そこから時計回りに外周を見ました。
事前に調べた通り堀と土塁で囲まれていましたが、草木で覆われ中々絵にならず。
内側は何となく私有地っぽくて入るのも躊躇らわれ・・・

顔戸城/③石碑周辺
▲石碑周辺

このままではせっかく来たのに何も撮れない!と焦っていました。
しかし、もうじき国道に出る手前にちょっと開けた場所がありました。
そこには何やら石碑がラブラブ
近づいて見たら、顔戸城の歴史や縄張図が描かれていましたヽ(´∀`)ノ

顔戸城/④土塁
▲土塁

さらに周囲の土塁は草木が刈られてとても見やすい!
やっとお土産ゲットですヽ(´∀`)ノ

顔戸城/⑤空堀
▲空堀

遺構として絵になる土塁・空堀および石碑は、一番上の図の「現在地」の所です。
内側には数件の民家があり、小心者なおいらは入りませんでした。
斎藤妙椿がどんだけ凄い人なのか知っていれば、もっと詳しく見たのですが・・・
無知ほど残念な事はありませんね(T_T)


◆歴史◆

応仁年間(1467~69年の間)に斎藤妙椿により築かれました。

斎藤妙椿は美濃守護代・斎藤利永の弟です。
1460年に兄・利永が没すると、利永の嫡子・利藤の後見として還俗しました。
僧侶時代、善恵寺に持是院という子院を構えたので、妙椿の系統を持是院家と呼びます。
「妙椿」は法名で、本名は不明なままです。
そのため、かつては甥の斎藤利藤と同一人物だと考えられていました。

政界に入った妙椿は、守護・土岐成頼と連携して美濃国内を引き締めました。
応仁の乱では西軍に属し、土岐成頼は主に京で戦いました。
斎藤妙椿は美濃に残り、東軍に属したかつてのライバル富島氏や長江氏と戦いました。
この過程で東軍方の荘園を次々に押領して、守護家を凌ぐ財力を蓄えています。

妙椿は近江や越前、尾張、飛騨などにも出兵し、かなりの影響力がありました。
主の土岐氏は妙椿の親の代に実力が逆転し、傀儡になりつつありました。
土岐成頼は、妙椿の兄・斎藤利永により一色家から迎えられ守護になっていたのです。

ただ、あまりにも妙椿の権力が強すぎたのか、妙椿の死後、美濃は荒れました。
妙椿の遺言により土岐成頼は妙椿の養子・妙純を重用しました。
しかし、守護代・斎藤利藤が反発したため、両者の争いが始まりました。
利藤と妙純は異母兄弟です。
・・・長くなりそうなので、今宵はココまでw


所在地:岐阜県可児郡御嵩町顔戸

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。