なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
印食城跡とされる所には専光寺があります。
訪問日は2013年7月28日です。

印食城/①専光寺
▲専光寺

県道から1本路地を入った所に専光寺があります。
立派な門構えと白い塀、鐘の足元の石垣にちょっとだけキュンとしましたラブラブ
あぁ、お寺巡りでも始めようか・・・
なんて思いませんw
山門脇に説明板がありますが、印食城については書かれていませんでした。


◆歴史◆

印食城でググって出てくるのは仙石次郎左衛門村上彦四郎義光の2人だけです。
なのでこれ以上突っ込みようも無いのですが・・・
とりあえず色々調べましたメラメラ

南北朝時代に村上彦四郎義光が妻を預けて吉野へ向かいました。

村上義光は信濃の武将です。
後醍醐天皇の皇子・護良親王が吉野に逃れた際に召し出されました。

吉野に向かう道中、どういう訳なのか妻も同行していましたが・・・
乳母の居る才海寺に妻を預けて行くこととなりました。
太平記には護良親王に付き従う義光の忠勤ぶりが描かれています。

最期は1333年、二階堂貞藤と戦って敗れ、親王が絶体絶命のピンチに陥った時の事。
親王が落ち延びる時間稼ぎをするため、義光は親王の鎧を身に纏って身代わりとなりました。
さらに、義光の子・義隆も親王に付き従って満身創痍となり、力尽きて自害しています。

その知らせを聞いた乳母は悲しみの余り自害したそうですが・・・
妻は天寿を全うし、そのお墓が才海寺に建てられたといいます。
才海寺は廃寺となって専光寺に統合されたため、その伝承がこっちに伝わっているようです。
乳母は誰の乳母なのか、またなぜ妻を連れていたかなど突っ込み所は満載ですがw

年代は不明ですが、仙石次郎左衛門の居城と伝わります。

仙石氏の名の由来は、山県郡中村千石谷なのだそうです。
足利尊氏の時代に「千石次郎」が仕えていたそうで・・・
領地から守護所まで遠かったので、出仕のために館を築いたのでしょうか。

仙石氏は北家利仁流の出で、その後は美濃国十七条を本拠としたそうです。
この十七条の領主が美濃守護・土岐氏の庶流である舟木氏です。
仙石基秀の代に跡継ぎが無かったため、舟木満久の子・久重を養子に迎えたそうです。
この時から仙石氏は源姓となりました。
この久重の曾孫が有名な仙石久秀です。

・・・とまぁ、ほぼ想像ばかりなので真に受けないで下さいネあせる


所在地:岐阜県羽島郡岐南町八剣3丁目

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。