なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
高桑城は川沿いにありました。
訪問日は2013年7月27日です。

高桑城/①土手
▲土手

高桑城跡は土手になっているというので、その辺りを見てきました。
土手って下から見上げると土塁みたいですから。
勝手に妄想膨らませて楽しんでます。

高桑城/②土手から見た川原
▲土手から見た川原

その土手から川原を見下ろしてみました。
確かこの川原に土塁があったような・・・
そしてこの辺に説明板があったような・・・
どちらも見つけられませんでした。


▲Google Map ストリートビューです

そう思ってGoogle Mapのストリートビュー見てたらありましたあせる
上の写真で川原を見下ろしている位置から左へ10m程の所にあせる
思い込みで陸側を一生懸命探していましたが、説明板は土手の川側にありますあせる

※2014年11月突如としてマイマップでストリートビューを見れなくなりました。
色々調べたところ「仕様」としか出てこず・・・
苦情も出ているようなので、いつかまた見える日を信じてそのまま残しておきます(T_T)
悔しいのでGoogle My Mapで表示したストリートビューのリンクを貼っておきます。

※マイマップのはあきらめて、普通にストリートビューを貼りました

高桑城/③慈恩寺
▲慈恩寺

さて、次は高桑城の石垣を使った観音堂があるという慈恩寺です。
さっきの土手の所から少しだけ北に行った所にあります。
地図にもしっかり載ってますね!

高桑城/④観音堂
▲観音堂

失礼しま~すと覗き込んでみると、なにやら工事中。
その工事してるのって、もしかして観音堂(´▽`*)?
足元の石は撤去され、真新しい石が積まれていました。
・・・2013年夏の出来事デス☆


◆歴史◆

鎌倉時代はじめ頃、高桑氏により築かれたと考えられます。

「承久の乱で朝廷側の武将として参戦している記録がある」とあちこちにありますが・・・
全部コピペ。
「記録がある」ならそこんとこ詳しく知りたくて仕方がない!と思ったらありました。
『承久記』で朝廷方の戦死第1号として「高桑大将軍」が描かれています。

この時、朝廷方の高桑大将軍を討ち取ったのが幕府方の荒三郎(19)です。
荒三郎は木曽川の渡河できる場所を探るため川に潜っていました。
すると、対岸に馬に跨った立派な鎧武者が居るのを見つけました。
荒三郎は見つかったらヤバイ!ってことで矢で射抜いたのだとか。

鎌倉時代は所領の地名をとって名乗るのが流行ったので、既に高桑氏が居たということですね!
高桑氏は土岐氏に仕え、高桑城は革手城(川手城)の支城として機能しました。

「高桑氏族」覚書を参照させて頂きました

1494年、船田合戦の際に落城し、後に再建されました。

船田合戦は土岐氏の家督争いで、土岐政房と土岐元頼が戦いました。
これは土岐成頼が嫡男・政房よりも末子・元頼を溺愛し、家督を継がせようとしたためです。

土岐政房は斎藤妙純が支持しました。
斎藤妙純は斎藤妙椿の甥で養子でもあり、土岐家中の実権を握っていました。

一方の土岐元頼は守護代・斎藤利藤と石丸利光が支持していました。
石丸利光は斎藤妙椿から疎んじられていたため、対立する斎藤利藤方となりました。

フクザツに絡んでるのが面白くて長くなりそうなのでバッサリと・・・

この戦は土岐政房・斎藤妙純側が勝利しました。
しかし、斎藤妙純は翌年、近江で嫡男もろとも戦死してしまいました。
また、土岐政房は嫡男ではなく次男に家督を継がせようとしたため、再び争いとなりました。
・・・懲りないヒトですなw

1527年、高桑氏が城を失いました。

この頃は土岐政房の子の頼武・頼芸兄弟による家督争いが「再発」していました。
嫡男・土岐頼武には守護代・斎藤利良が味方につきました。
次男・土岐頼芸には小守護代・長井長弘と長井新左衛門尉が味方につきました。
このため、美濃は真っ二つに割れて争いました。

状況から類推して高桑氏は兄・頼武側についていたようです。
しかし、城を守っていた武山氏が、弟・頼芸側の長井規秀(後の斎藤道三)に寝返りました。
このため高桑氏は城を失いました。

1530年、高桑氏の主・土岐頼武が越前へ逃れると、高桑氏も越前へ移ったようです。
以後は武山氏が高桑城の主となりました。

1567年、廃城となりました。

織田信長が稲葉山城を攻め落とし、美濃を制圧しました。
この時に高桑城は織田信忠に攻められて落城し、そのまま廃城となりました。


所在地:岐阜市柳津町高桑

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。