なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
長瀬城跡は温泉施設脇の丘(小山?)の上にありました。
訪問日は2013年7月28日です。

長瀬城/①砦跡の標柱
▲砦跡の標柱

地図で見ると谷汲口駅が近く、駅を目印にすれば!と思っていました。
しかし、道を走っていても駅がどこかわからず(´・ω・`)
温泉施設の脇だという認識もあり、何とかそれらしい所に辿り着きました。
しかし、道を進むと温泉施設の中へまっしぐら・・・
駐車場っぽい所から山沿いの道が見えたので、ショートカットしました。
その道を線路の方へ歩いていると、道端にこれがありました。
本当にココ?と心細かったので、こんな標柱1つで不安が吹っ飛びました^^

長瀬城/②長瀬城跡の標柱
▲長瀬城跡の標柱

その道を更に進むと、今度は長瀬城跡の標柱が現れました。
その後ろには10基ほど石灯籠が並んでおり、それっぽい雰囲気でした。

長瀬城/③そこから見上げたところ
▲そこから見上げたところ

この辺から城跡に入る道があるのかと思いましたが・・・
見上げた斜面に先が明るいので、そんなに高い山ではありません。
でも、山へ入って行く道が見当たらずハートブレイク
真夏に道無き山へ分け入る気概も無く、周りをウロウロしただけで退散しました。


◆歴史◆

1337年、堀口貞満が砦を築いたと考えられます。

堀口貞満は南朝の武将で、新田義貞の一族です。
長瀬から北にある根尾も南朝方の根尾入道が拠っていました。
越前の海沿いは北朝方に押さえられており、このルートは北陸と吉野を結ぶ重要な道でした。
美濃守護・土岐氏が北朝方だったので、防衛拠点として長瀬にも砦を築いたと思われます。

1338年に新田義貞が討ち取られた後は、その弟・脇屋義助が南朝方の大将になっています。
1340年に越前で南朝方が敗れると、脇屋義助らは一時根尾で抵抗を続けました。
脇屋義助は程無く吉野へ帰還しましたが、堀口氏は美濃に留まったようです。
子孫は大野郡坂本を本拠として坂本氏を名乗り、土岐氏、斎藤氏に仕えました。

1353年、鷹司冬基が城主となりました。

この時に城が築かれた可能性もあります。
北朝の後光厳天皇が戦火を逃れて美濃に来た際、随行していた鷹司忠経の子が鷹司冬基です。
この時に美濃守護・土岐頼忠の娘を娶り、長瀬に所領を与えられ土着しました。
以後、戦国時代まで鷹司氏の居城となります。

1535年、鷹司家中で内紛がありました。

当時の美濃は土岐頼芸と斎藤利政(のち道三)が争っていました。
鷹司家中も鷹司冬明(土岐方)と弟・政光(斎藤方)に分裂する事態となっていました。
最終的には鷹司政光が兄を敗死させました。

1547年、廃城となりました。

尾張の織田信秀が斎藤利政の稲葉山城を攻めました。
この戦いで鷹司氏は当主を含め、ほぼ全滅させられたそうで・・・
長瀬領主としての鷹司氏は滅びてしまいました。
生き延びた鷹司政光の幼子は斎藤家臣・今井氏に引き取られ、以後今井氏を名乗ったそうです。


所在地:岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。