なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
津屋城跡には本慶寺があります。
訪問日は2013年7月27日です。

津屋城/①本慶寺
▲本慶寺

ここはちょびっと迷いました。
当時の訪問ルートは西の県道を南下し、お寺の北の脇道を通りました。
しかし、木々に埋もれてお寺が見えず。
何度も地図を見直した記憶があります。

津屋城/②城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

しかし、細道をここかな?で入って進むと、木々の間から開けた場所が現れました。
立派な門に石碑、更には文字が沢山書かれた板ヽ(´∀`)ノ
その時は遺構は何も期待してなかったので表だけ写真を撮りました。

今説明板を呼んだら、境内に土塁や内堀がありそうな内容でした。
紹介してるサイトは「全容を明らかにすることはできない」が強調されてたのですがT_T


◆歴史◆

1600年まで、高木八郎左衛門正家が居城としていました。

津屋城の築城年代はわかりません。
高木氏が駒野城に入ったのが1547年の事です。
それ以前から津屋城はあったのかもしれませんが・・・

津屋城は駒野城の北にあり、揖斐川西岸の田園地帯を見下ろす場所にあります。
その田園地帯の真ん中に大葉城や根古地城がありますが・・・
この両城のあった場所はたびたび水害に見舞われる場所でした。
安定した拠点とするには津屋城が適していたと思われます。
その高木八郎左衛門正家は関ヶ原の戦いでは西軍に味方したため、所領を没収されました。

この辺りで高木姓というと、関ヶ原の戦いで東軍に味方した一族の方が主流ですね。
織田信雄の道連れになった一族が、徳川家康に仕えて西にある多羅の地を与えられています。
この高木氏が多羅城跡に陣屋を築き、明治時代まで同地を治めています。

1603年、本慶寺が移って来ました。

関ヶ原の戦いの功で高須城主となった徳永寿昌が許可したそうです。
それ以前に本慶寺がどこにあったのかはわかりませんが・・・
推測ですが、津屋城の東側にあって水害に悩まされていたのかもしれませんね。


所在地:岐阜県海津市南濃町津屋

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。