なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
宗守城跡には神明社があり、城址碑と説明板、土塁?があります。
訪問日は2012年8月6日です。

宗守城/①県道から見た所
▲県道側から見た所

地図のその場所に来た時は「あれ?ここ?」という感じでした。
細い道はあるのですが、なんだか畑っぽく見えたので。

宗守城/②城址碑と説明板
▲城址碑と説明書き

「いや、ココだろ」でズンズン進んで行くと、道端にありました!
ちょっと凝った感じの城址碑と、その脇に説明書きが。
この説明書き、たぶん字が間違ってるけど・・・ま、小さな事はキニシナイw

宗守城/③神明社
▲神明社

そして、敷地の真ん中には小さな社殿があります。
雪国らしく、周りを雪避けで囲まれています。

宗守城/④土塁
▲土塁?

さて、城址碑撮ったし、中の神社も撮ったし次行くべ!と回れ右をしたら...
なんだか、端っこが、盛り上がってる!
ということでとりあえず撮った感がプンプンする土塁?です。

城として機能した期間が短い上、廃城からかなり年月が経っています。
しかも、大して高くもないので、神社造った時に盛ったのかな?とは思いますが。
でも、もしかしたら?ということで。


◆歴史◆

永正年間(1504~20年の間)初め、小林則行が築いたとされます。

小林則行は越後守護・上杉房能の家臣です。
なぜ上杉家臣がこの時代に越中で城を構えたのかというと・・・

越後と越中で明らかに戦があったのが1506年。
越後守護代・長尾能景が越中で討死しています。

これは一向一揆の鎮圧が目的だったそうですが・・・
当時、越後守護の上杉氏と守護代の長尾氏は対立していました。
長尾能景が討死したのも、上杉房能が見殺しにしたという説がある程です。

1480年代頃から礪波周辺は一向一揆により支配されてきました。
ここに上杉氏が置いた拠点だとすれば、小林氏はかなりの力があったのでしょうね。

1507年、小林則行が越後に帰り、城は放棄されました。

小林則行が越後に帰ったのは、主君・上杉房能が守護代である長尾為景に討たれたからです。
上杉氏と長尾氏は長年対立していました。
長尾為景は父・能景の越中での討死について、上杉房能を恨んでいたのでしょう。

この戦いは更なる大事件を引き起こします。
弟を殺された兄で関東管領の上杉顕定が、仇討ちのため越後に攻め込みました。
一度は戦に勝って越後を制圧したのですが・・・

翌年に長尾為景が勢力を盛り返し、何と関東管領を討ち取ってしまいました。
ここから関東の情勢も混沌としてきます。

かなり遅くなりましたが、長尾為景は上杉謙信の父親です。
なぜ子が上杉姓を名乗っているのか・・・有名なのでココでは書きませんw

藤井嘉兵衛が上杉謙信に攻められ、廃城となりました。

どこのサイトでも年代は書かれていませんでしたが・・・
上杉謙信が盛んに越中を攻めたのは1560年代後半から1570年代前半です。
一向宗を大嫌いな謙信と、一向宗を信仰する越中衆。
上杉軍が一向一揆の討伐を繰り返す内に離反したのでしょうか。
藤井嘉兵衛の出自などは分かりませんが、宗守城の主だったようです。

この時の戦いについては悲話が残っています。
藤井嘉兵衛の妻が臨月で、戦に敗れた報せを受けて家臣・畑六郎左衛門の屋敷に避難しました。
そこで嘉兵衛の妻は赤子を出産したのですが・・・
追手の探索が厳しくなり、嘉兵衛の妻と子は再び宗守城へ移りました。
しかし、緊迫した状況で逃げなければならず、母は泣く泣く赤子を城内に埋めたそうです。
そうして逃れたのですが、逃げ切れずに母親は村の外れで自害したそうです。

この後、宗守城跡では風雨の強い時などに赤子の泣き声がするようになり・・・
哀れんだ村人達が「産子塚」を築いて供養したのだそうです。
その塚は・・・見てません(爆)


所在地:富山県南砺市宗守

なぽのホームページ/富山県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。