なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
安田城は国の史跡に指定され、復元された城跡です。
訪問日は2012年8月7日です。

安田城①/外側から見た所
▲駐車場から見た所

安田城は綺麗に復元され、水堀に囲まれた姿を見ることが出来ます。
富山の城跡巡りでは、心の中では一番見たかった所・・・かも。
今となっては他に見に行きたい所がいくつか出て来ましたけど。
時が経つにつれて、ヒトはどんどん貪欲になるものですねw

安田城②/堀が複雑に絡む
▲堀が複雑に巡る?

復元されるまでは普通に畑だったのでしょうか。
昭和40年代に圃場整備が計画され、発掘の結果良い状態で残ってる事がわかったらしいです。
地図を見てるとすぐ近くを北陸自動車道が通っていますが・・・
一歩間違えればアスファルトの下敷きになるところでしたね。

安田城③/堀の内側から外を見た所
▲堀の内側から見た所

発掘調査の結果と江戸時代に残された古図がバッチリ一致。
ここまで綺麗に見つかるのは珍しい!ということで、国の史跡に指定されました。
その後、1990年から4年の歳月を掛けてじっくり復元されました。
城の復元では白亜の建物建てたがる所が多いですが、そういうのが無いのもイイですね合格

安田城④/本丸内部
▲土塁に囲まれた本丸

ただ、元々の状態を知らないので何とも言えませんが・・・
やっぱり木の柵とか木造の東屋とかが無いと寂しい気はします。
絵図の解析とかでバッチリこうだ!というのが分かれば、是非復元して欲しいですね。

安田城⑤/説明板
▲説明板

水堀に囲まれた縄張りも素晴らしいですが・・・
モニュメント好きのため?の城址碑もバッチリ有ります!
敢えて載せませんが、あちこち載ってるかもw

城跡の雰囲気は、埼玉の難波田城と似てるなぁ~なんて思いました。


◆歴史◆

1585年、佐々成政討伐の際に築かれました。

本能寺の変後、羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)と徳川家康は小牧・長久手の戦で鎬を削りました。
この時、越中の佐々成政は徳川家康に味方し、加賀の前田利家を攻めました。
羽柴秀吉は徳川家康との間で渋々和議を結ぶこととなりましたが・・・
佐々成政とはちゃんと決着をつけました。

富山城攻めの拠点として、豊臣秀吉は白鳥城に本陣を構えました。
そのすぐ南東の地に前田利家によって安田城が築かれました。
最初は陣城だったんですね!

この戦により佐々成政はかなりの領地を召し上げられましたが・・・
越中の東半分は残され、西半分が前田利家に与えられました。
佐々成政本人は大坂で暮らすことを強要されたので、領国は家臣達が切り盛りしました。
これは大名当人が人質になったようなものですね。
しかし、前田利家は佐々軍に備えて安田城を維持管理し続けました。

1587年、一度廃城になったものと思われます。

この年、九州征伐で抜群の功を挙げた佐々成政が、肥後一国を与えられ移りました。
この時に空いた越中の東半分が前田利家に与えられたため、安田城は不要となりました。

1597年、再び整備されました。

前田利長が増山城から富山城へと居城を移しました。
これに伴って家臣も富山城近辺に移りました。
安田城には対佐々軍の時と同じ岡嶋一吉が入りました。

1599年、城主・岡嶋一吉が金沢に移りました。

これは前田利家が没して富山の前田利長が家督を継ぎ、金沢に移ったためです。
安田城には代官として平野三郎左衛門が派遣されたそうですが・・・
まもなく廃城となりました。

1994年、復元されました。

水堀、郭、土塁などが往時の姿に復元されましたヽ(´∀`)ノ


所在地:富山市婦中町安田

なぽのホームページ/富山県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。