なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
若栗城跡は田んぼの真ん中にコの字型の土塁が残っています。
訪問日は2012年8月7日です。

若栗城①/遠景(北東から)
▲北東から見た遠景

若栗城は北陸道の黒部IC近くの田んぼの真ん中にあります。
遠目にもこんな感じなので、近くまで来れば迷わず辿り着けると思います。

若栗城②/城内(東から)
▲城内の様子(東側から)

城跡は土塁が西半分だけ、丁度コ字型に残っています。
圃場整備の時に壊されてしまい、周囲の堀も埋められたのだとか。
それで半分だけ残るっていうのも不思議な気はします。
反対派の人が居て、途中で食い止めたのでしょうか?

若栗城③/城内(南から)
▲城内の様子(南側から)

でもまぁ、こうして訪ねて見ることが出来るのはありがたいことです^-^
土塁の内側から見ると、やっぱり「土の壁」ですよね!
当たり前ですがあせる
外からの攻撃から守ってくれるという安心感があります。

若栗城④/城址碑
▲城址碑

城内を東西に1本の道が貫いており、西側には土塁の開口部である虎口があります。
確かそこだったと思うのですが、城址碑がありますクラッカー
当時のおいらが見に来たのは、たぶんこれが目当てだったんですねw

若栗城⑤/説明板
▲説明板

さらには説明板も!
派手さはありませんが、立ち位置によってはタイムスリップした気にさせてくれる所です。


◆歴史◆

詳細不詳w

わかっているのは
・上杉謙信が攻めた
・不悪凡斎右京輔(ふあくぼんさいうきょうのすけ)の館だった
・上杉軍との戦で右京輔の息女が勇敢に戦った
・この戦で総田太郎左衛門が討死した
ことぐらいです。

舟見城よりも情報少ないです。
ココは「城」と呼んでますが、実際には単郭方形居館ですね。
記録が少ないのは仕方が無い事なのかもしれません。

地理的には椎名氏の支配地域なので、上杉軍に攻められるとしたら1568年でしょうか。
椎名康胤が上杉輝虎(謙信)を裏切って、武田信玄に寝返りました。

理由はよくわかっていません。
越中は浄土真宗が盛んな地域なので、一向一揆絡みだという説もあります。
1571年に松倉城が攻め落とされた後、椎名康胤は一向一揆のもとに落ち延びていますので。
椎名氏の宿敵・神保氏も程なく上杉氏に叛旗を翻しています。


所在地:富山県黒部市若栗

なぽのホームページ/富山県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。