なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
舟見城跡は舟見山自然公園となっています。
訪問日は2012年8月7日です。

舟見城①/模擬天守
▲城郭風建物

ココも公園になっていて、城跡まで道が通っています。
そのどんつきに駐車場があり、真正面に写真の建物があります。
城らしくないを通り越して、可愛らしい建物ですw

舟見城③/説明板
▲ざっくりとした説明板

この建物の真正面に小さな白い板が1枚。
ざっくりですが、歴史が記されています。
・・・といっても殆ど何も分かっていないのですねあせる

舟見城②/主郭
▲建物側から見た主郭

城跡は広い平地に見えますが・・・
公園として整備した時に堀やら土塁やらを破壊したようです。
ほんのちょっと前の時代に全国各地であった悲劇ですねT_T
この「広場」も堀切で分断されていたのを埋めちゃいました。
それでも1つだけ、可愛い建物の左側(西)に堀切が残っているそうです。


◆歴史◆

鎌倉時代はじめ頃に築かれたと思われます。

宮崎太郎の嫡男・入善小太郎により築かれたとされています。
宮崎太郎は平安末から鎌倉時代はじめ頃の人物です。
1182年に北陸宮を迎え、木曽義仲のもとで活躍しました。
入善小太郎はその嫡男なので・・・鎌倉時代ですね。

木曽義仲が討たれた後、宮崎太郎は巴御前とともに信濃国木曽へ逃れました。
しかし、新川郡一帯は1221年の承久の乱までは宮崎氏が支配していました。
そのため、舟見城もこの頃までに築かれていたと思われます。

その後の歴史がサッパリなのです・・・

上杉謙信が越中に侵攻し、舟見城が落城しました。

あちこちに「上杉謙信に攻められ落城」と書かれています。
その年ですが、弘治年間(1555~58)だったり、永禄年間(1558~70)だったりします。

弘治年間(1555~58)だと、上杉謙信はまだ「長尾景虎」を名乗っていました。
時期的にも越中に攻め入る理由も無いような気もします。
椎名康胤の援軍として神保長職を攻めたのが1561年以降なので。
地理的にも椎名氏の領内なので、舟見城は攻めないでしょう。

どちらかというと永禄年間(1558~70)の方が可能性が高いような気がします。
この期間なら1568年に椎名康胤が武田信玄に寝返り、上杉軍が椎名氏を攻めているからです。
上杉軍は魚津城を攻め落として河田長親が城主となり、その後は松倉城を攻め続けています。

落城時の城主は「飛騨守五郎左近尉」という人物です。
ググってみると、十三寺の仏像を守本尊としていたそうです。
この仏像は平安時代末期の作なので、鎌倉時代以降の人ですね。
・・・てなレベルしかわかりませんあせる

飛騨守五郎左近尉が落城後に身を投げたという「飛騨ヶ淵」ですが・・・
場所がどこなのかわかりませんでした。


所在地:富山県下新川郡入善町舟見

なぽのホームページ/富山県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。