なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
松任城は現在の松任駅前にありました。
訪問日は2012年8月6日です。

松任城/01碑

松任城/02説明板
▲松任城址公園

行く前に見たサイトはみんな「おかりや公園」と書いてあった気がしたのですが・・・
現場に着いてみると「松任城址公園」となっていました。
場所が場所だけに迷うことはありませんでしたがw

松任城/03公園

松任城/04本丸碑
▲本丸

城跡としての遺構は全くありません。
駅前の超一等地ですが、本丸跡は公園となっています。
城跡としてのよすがは碑や説明板だけですが・・・

松任城/06想像図

松任城/05略年表碑
▲略年表の碑

略年表の碑には往時の想像図が描かれています。
なんか建物がチョット・・・なんて贅沢言っちゃぁイケマセン。
描かれている地名?にちょっと感慨深いものもありますが・・・
やっぱり、もーちょっとリアルなのがいいかも(・×・;)


◆歴史◆
略年表の碑に刻まれたものをちょっとだけ調べてみました!

1176年、加賀守である藤原師高の目代・藤原師経が館を築きました。

藤原師高は後白河法皇の近臣・西光の子で、加賀国の遙任国司でした。
現地には弟の藤原師経を派遣して加賀国を支配していました。
師経は翌年、比叡山の末寺・白山涌泉寺と紛争を起こしました。
そのため比叡山の僧兵が禁裏へ強訴して、警備に当たっていた平重盛の兵と衝突しました。
この時に矢が神輿に当たり死者も出たため、事態はさらに悪化しました。

詳細は省きますが・・・朝廷の権力争いに発展し、平清盛が台頭するきっかけとなりました。

1577年、上杉謙信に攻められました。

上杉謙信は能登へ侵攻し、七尾城を包囲していました。
七尾城の長続連は織田信長に救援を求め、柴田勝家が援軍として出兵しました。
この時既に七尾城は内応者が出て落城し、上杉軍は織田軍を迎え討つ動きをします。
その際に松任城が上杉軍に攻められましたが開城し、上杉謙信が入城しています。
一方、織田軍が七尾城落城を知ったのは、大河・手取川を渡った直後でした。
織田軍は背水の陣となった上、雨で鉄砲が使えない状況で上杉軍が攻め掛かりました。
ザックリ書くと、これが手取川の戦いです。

1580年、柴田勝家の家臣・徳山五兵衛が代官となりました。

手取川の戦いの後、上杉謙信が脳溢血のため世を去りました。
すると、織田軍は加賀・能登・越中への侵攻を開始しました。
松任城も柴田勝家軍に攻められ、一向一揆の将・若林長門守は降伏しました。
しかし、和議の席で若林長門守は子ともども騙し討ちに遭いました。
戦後、松任城には徳山五兵衛が代官として入りました。

1583年、前田利長が城主となりました。

織田信長の没後、柴田勝家は羽柴秀吉と対立しました。
そして1583年、賤ヶ岳の戦いの後、北ノ庄城が攻められ、柴田勝家は滅ぼされました。
戦後、加賀2郡を与えられた前田利長が城主となりました。

1585年、前田利長家臣・寺西秀則が城代となりました。

寺西秀則は佐久間信盛の家臣でしたが、主の失脚後は同郷の前田利家に仕えていました。
佐々成政に末森城を攻められた際、援軍として従軍し活躍しました。
佐々成政が豊臣秀吉に討伐されると前田利長が越中に移り、寺西秀則が城代となりました。

1600年、前田利長家臣・赤座吉家が城代となりました。

赤座吉家は関が原の戦いでは西軍につき、大谷吉継の指揮下にありました。
小早川秀秋が寝返った後、脇坂安治、朽木元綱らとともに東軍に寝返って大谷軍を攻めました。
しかし、事前通告が無かったとして論功行賞では評価されず、所領を没収されました。
赤座吉家は朝倉氏の家臣だったようで、府中時代の前田利家との縁で前田利長に仕えました。

1614年、一国一城令に先立ち廃城となりました。

この時の加賀藩主は名君の誉れ高い前田利常でした。
前田家は100万石の外様大名であり、改易されないため苦労は絶えませんでした。
そのため前田利常は奇行を装っており、数々のエピソードが伝わっています。
松任城を廃城にしたのも、この流れに沿ったものと思われます。

1657年、外堀が埋め立てられました。
1934年、内堀が埋め立てられました。
1967年、おかりや公園となりました。
2007年、松任城址公園と改名されました。


所在地:石川県白山市古城町(松任城址公園)

なぽのホームページ/石川県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。