なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
東郷槇山城は一乗谷の西を押える場所にありました。
訪問日は2012年8月6日です。

東郷槇山城/00遠景
▲遠景

東郷槇山城は一乗谷の西にあって、その入口を押える位置にありました。
高さも高過ぎず、麓を行く軍勢を程よく牽制できそうな感じです。

東郷槇山城/02案内図(北が上)

東郷槇山城/02配置図
▲案内図

城跡のある山頂までクルマでも登れる道があります。
駐車場だったと思いますが、案内図がありました。
多分設置してあった場所によると思うのですが・・・北を上にしてみました。
文字が逆さまだったり横向きなのは、首を傾げて対応して下さいΣ(゚Д゚;

東郷槇山城/04千畳敷
▲千畳敷

城跡で一番の広場が千畳敷です。
その端には立派な土塁があります。
気にしないと普通の山にある公園ですけどね・・・

これ書こうと案内図を見てたら、堀切とか土塁とか色々遺構がありそうな感じです。
嗚呼、当時のおいらは興味を示さなかったんかな・・・


◆歴史◆

応永年間(1394~1428年の間)に東郷正景により築かれました。

東郷正景は越前朝倉氏の3代め当主・朝倉氏景の次男です。
朝倉氏は1366年の貞治の変で斯波氏と戦って以来、斯波氏の重臣からは外されていました。
朝倉氏は元々は斯波氏の家臣でなく、幕府から派遣されていましたからね。

サイトによっては朝倉正景が東郷荘の地頭になったのが1388年と書かれています。
また、1401年に熊野権現を勧請したのが、一乗谷の初出とされます。
東郷槇山城が築かれたのは、これらの動きと関係あるかもしれません。

1573年、朝倉義景が織田信長に滅ぼされました。

織田信長が浅井長政を攻めた際、朝倉軍が援軍として小谷城へ向かいました。
そこで敗れて一乗谷に逃れると、その勢いのまま織田軍に追撃され、朝倉氏は滅亡しました。
越前は前波吉継、次いで富田長繁が領主となりますが、一向一揆に敗れました。
織田信長は10万の軍勢で一向一揆を平定すると、柴田勝家を新たに越前領主としました。
この頃の東郷についてはわかりませんでしたあせる

1583年、柴田勝家が羽柴秀吉に滅ぼされました。

賤ヶ岳の戦いで勝利した羽柴秀吉は、柴田勝家が篭る北ノ庄城を一気に攻め落としました。
戦後、越前は丹羽長秀に与えられましたが、この頃についてもわかりませんでしたあせる

1585年、丹羽長秀が没すると、長谷川秀一が城主となりました。

丹羽長秀は羽柴秀吉に従ってはいましたが、家臣ではありませんでした。
大きな戦があるごとに同調していたので、仲は良かったのでしょうが。
しかし、丹羽長秀が没すると、秀吉は丹羽氏123万石の解体を図りました。
丹羽氏の家督を継いだ丹羽長重は若狭一国16万石に大減封。
越前は3分割され、その内の東郷15万石が長谷川秀一に与えられました。

長谷川秀一は織田信長の直臣で、本能寺の変後は羽柴秀吉を支持していました。
東郷を与えられたのは、紀州征伐で数々の戦功を挙げたからのようです。

1594年、長谷川秀一が朝鮮の戦地で病没しました。

長谷川秀一が朝鮮の戦地で病没しました。
長谷川秀一には跡継ぎがありませんでしたが、父が領地を支配していたと推測されます。

その後、丹羽長秀の次男・長正が城主となりました。
丹羽長正については事跡があまりはっきりしませんあせる

1601年、廃城となりました。

丹羽長正が関が原の戦いで西軍に味方したため、改易となりました。
その後の丹羽長正は豊臣秀頼に仕えました。
しかし、1614年の大坂の陣が始まる前に大坂城を抜け、越前で暮らしたそうです。
没年は1620年説と1630年説があり、はっきりしていません。

越前には結城秀康が入りましたが、東郷城は廃城となりました。


所在地:福井市小路町

なぽのホームページ/福井県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。