なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
城は北川と南川の間の河口にありました。
訪問日は2011年8月5日です。

小浜城/01小浜神社

小浜城/02説明板
▲小浜神社鳥居と説明板

大通りから信号のある交差点を曲がると、まず最初に見えるのが鳥居です。
この鳥居は小浜神社のもので、本丸の真ん中にあります。
鳥居の脇には社務所らしき建物があり、その壁際に小浜城の説明板があります。

小浜城/03本丸石垣
▲神社の左にある石垣

それよりもまず目が行ったのが、神社のすぐ左脇にあるこの石垣ラブラブ
本丸の南西の櫓台のようです。
何だか石が真新しい気がします。

小浜城/04本丸石垣
天守台

神社の境内をずんずん進んで行くと、奥にも石垣がありました。
周囲よりもひと際大きな石垣で、縄張図でも一番大きく描かれている所です。
ここが天守台です。

小浜城/05本丸石垣

小浜城/06本丸石垣
▲本丸石垣

あとは周囲をぐるっと一周。
本丸の西~北~東は石垣が続いています。
石が真新しいように感じますが・・・積み直したか復元したのでしょうか。
周囲の堀は埋められ、外周部分は崩されていますが、それでも迫力があります^-^

小浜城/08藩校の移築門
▲小浜高校にある藩校・順造館の門

近所の小浜高校には、小浜藩の藩校・順造館の正門が移築されています。
お城の門ではないのですが、とても雰囲気があります。
明治時代にことごとくお城の建築物が破壊されていますので、とても貴重な建築物ですね☆


◆歴史◆

1601年、京極高次により築城が開始されました。

京極高次は関が原の戦では東軍に属し、大津城に篭城しました。
大津城は西軍に攻められ、数日の攻防の後に落城しました。
城を守り切れなかった事を恥じた京極高次は、高野山に赴き出家しました。
しかし、西軍1万5千の軍勢を大津城に足止めにしたことで、関が原では東軍が勝ちました。
徳川家康はこの事をとても評価し、京極高次に若狭一国を与えました。

1634年、京極忠高が出雲・松江に移り、酒井忠勝が城主となりました。

京極高次が築城を開始し、2代目・忠高の代になっても完成しませんでした。
この時に完成していたのは天守台と石垣まで。
依然として後瀬山城を居城としていました。
酒井忠勝も、縄張りを変更しつつも小浜城の築城を継続しました。
酒井忠勝は徳川家康の再従兄弟(はとこ)で、後北条氏討伐後に3千石を与えられました。
その後、トントン拍子に出世して、小浜12万3千石を領する大老にまで上り詰めました。

1641年、藩主が小浜城に移りました。

築城開始から40年経ち、ようやく城主が入りました。
40年って、今住んでるボロアパートよりも築年数が多いです。
まぁ、築城開始からなので、この時はまだ新築ですけどねw

1871年、火災により大半が焼失しました。

小浜県庁を建設中に、二の丸から出火しました。
この火災により、天守を除く大半の建築物が焼失してしまいました。
この時に、若狭国の政庁としての役割を終えました。

1874年、天守が解体されました。
1875年、本丸跡に小浜神社が創建されました。

小浜城/07縄張図
▲縄張と現在の地形を重ねた図

現在残っているのは本丸の石垣だけで、外縁部は大きく削られています。
この工事が行われたのがいつなのかはわかりませんでした・・・


所在地:福井県小浜市城内

なぽのホームページ/福井県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。