なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大溝城は琵琶湖西岸の乙女が池の畔にありました。
訪問日は2012年8月5日です。

大溝城/01城跡への入口
▲城跡の入口

大溝城/02三の丸碑
▲三の丸の石碑

大溝城跡へは近江高島駅口交差点手前の陽光の里の脇から入ります。
写真の所に「←大溝城跡」の案内があり、足元には三の丸跡の石碑もあります。

大溝城/03説明板

大溝城/06図
▲説明板と図

途中に絵入りの綺麗な説明板があります。
そこには詳しい説明と天守のイラストの他、当時の縄張りが描かれています。
訪問した時はなんでこんな曲がりクネッた細い路地を通るんだろうと思っていましたが・・・
この図とGoogle Mapを並べて見ると、城の入口から天守までの通路はほぼそのままでした。
ということは、跡形もなく市街地になっているようで、実は地形はそのままという事ですね。

大溝城/04城址碑と説明板
▲城址碑

大溝城/05天守台
▲天守台石垣

生い茂る草野原をグルッと回り込み、ようやく石垣に辿り着きました。
すると、木陰に城址碑と説明板がありました。
この城址碑どっかで見たのとソックリ・・・だけど、気のせいという事に。
石垣は大きな石がゴロッゴロッと積まれたような感じ。
400年以上もの歳月を経て崩れていないのが不思議な感じがしました。


◆歴史◆

1578年、織田信澄により築かれました。

織田信澄は織田信長の弟・信行の嫡男です。
織田信行は謀反の疑いで兄・信長に殺されましたが、信澄は厚遇されました。
安土城の築城では丹羽長秀とともに普請奉行を務めた程です。

織田信澄は浅井家の旧臣・磯野員昌の養子になっていました。
磯野員昌は浅井家中きっての猛将でしたが、織田信長に城を囲まれ降伏しました。
それ以来、越前一向一揆の鎮圧などで活躍し、湖西の高島郡を与えられていました。
ところが、1578年に出奔したため、養子である織田信澄にその所領が引き継がれました。

出奔の原因は謎のままですが、養子の信澄に家督を譲るよう強要されたとする説があります。
磯野員昌は新庄城を居城としていましたが廃城とされ、代わって大溝城が築かれました。
大溝城の縄張りは、織田信澄の義理の父となった明智光秀が行いました。
こうやって登場する人物を見てると、いかに信澄が厚遇されていたかがわかりますね!

1582年、織田信澄が自刃しました。

織田軍にあっては遊撃部隊として活躍した織田信澄でしたが・・・突然悲劇が襲います。
妻の父・明智光秀が本能寺の変で織田信長に謀反を起こしました。
織田信澄はこの時、四国へ出陣する途中で大坂に居ました。
そこへ明智軍への加勢を恐れた織田信孝の軍勢が攻めかかり、信澄は自刃して果てました。

織田信澄自刃の後、丹羽長秀、加藤光泰、生駒正親と短期間で城主が交代しました。
1585年、京極高次が九州征伐の功により城主となりました。
1590年、京極高次が八幡城主となり、大溝城は無城主の城となりました。

1615年、一国一城令により廃城となりました。

廃城後も陣屋が置かれ、1619年に分部光信が大溝藩主となりました。
分部氏は明治まで大溝藩主を務めましたが・・・財政は苦しかったようです。


所在地:滋賀県高島市勝野

なぽのホームページ/滋賀県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。