なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
三田村城跡には伝正寺があります。
訪問日は2012年8月5日の早朝です。

三田村城/01土塁(外側から)

三田村城/02土塁(内側から)
▲伝正寺を囲む土塁

なぜか早朝から道に迷いましたが・・・集落の真ん中にある伝正寺が城跡です。
辿りつくとビックリ!!
お寺の周りをしっかりした土塁が囲んでいます!!
お寺だからこそ破壊されずに残った、ということでしょうか^-^

三田村城/03説明板

三田村城/04説明板
▲説明板

そんな境内をぐるぐる回っていると、姉川の合戦についての説明板がありました。
そこに描かれている武将は三田村左衛門・・・思いっきりご当地ですw
気合入っててイイ感じですヽ(´∀`)ノ
こんな綺麗な説明板があると、城跡巡りも楽しさ倍増ですね合格


◆歴史◆

三田村氏の出自はわかりませんが、浅井氏とともに京極氏の根本被官12氏に含まれています。
応仁の乱までは京極持清が強大な力を発揮して、本家・六角氏を翻弄していました。
京極持清は一時、近江守護にも任命されましたが・・・

1471年、その京極持清が没しました。
偉大な当主を失うと、その次が大変な事になります。
京極家中で家督争いが始まりました。
ちょっと前の六角氏と同じ状況です。
そんなゴタゴタが数十年続き・・・

1524年、たまりかねた国人衆が、ついに京極氏を追放しました。
その後もゴタゴタがありましたが、最終的には浅井亮政が盟主となりました。
三田村氏も浅井氏とは同格だったので家中で揉めたようですが、浅井氏に従いました。

1525年、六角高頼が北近江に侵攻した時にも三田村家中は分裂しました。
六角軍に三田村帯刀左衛門が味方したのです。
この時の戦いは浅井亮政が六角軍を退け、帯刀左衛門の領地は三田村忠政が継ぎました。

1570年、姉川の戦いで三田村左衛門が討死し、廃城となりました。

この戦いでは三田村左衛門と三田村国定の名が登場します。
いろんな記事を読んでると、三田村左衛門と三田村国定が混同されていますが・・・

三田村左衛門が登場するのは、遠藤直経の最期のエピソードです。
織田軍との戦いで、三田村左衛門が敵に討たれました。
浅井方の敗戦を悟った遠藤直経は、討死した三田村左衛門の首を掻き切りました。
さらに自分の顔に血を塗り、髪をぐちゃぐちゃに掻き乱しました。

そして「浅井の大将、三田村左衛門の首を討ち取った」と叫び、織田軍の陣に向かいました。
遠藤直経はすんなり信長の陣に入り込んだのですが、あと一歩の所でバレました。
竹中半兵衛の弟か子が遠藤直経の顔を知っていたためでした。
直経は捕らえられ、処刑されてしまいました。

三田村国定は、小谷城の南に約6、7kmの所にある横山城を守っていました。
この城は六角氏と浅井氏の激戦地で、南北に睨みを利かせる重要な拠点でした。
織田・徳川連合軍は、姉川の戦いに勝利した後、重要拠点の横山城を攻略しました。
横山城は孤立無援状態のため、三田村国定は降伏して小谷城へ退きました。

1573年、小谷城が織田信長に攻め落とされました。
この戦いの中で三田村国定は降伏しましたが、戦後処刑されてしまいました。
三田村一族は全国に散ったため、現地には三田村姓の子孫はいないそうです。


所在地:滋賀県長浜市三田町

なぽのホームページ/滋賀県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。