なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
鯰江城は近江から北伊勢に抜ける八風街道沿いにありました。
訪問日は2012年8月4日です。

鯰江城/01城址碑周辺

鯰江城/02城址碑など
▲城址碑など

ここは随分と迷いましたあせる
城域らしき所をグルグル回りながら、あれ?あれ?どこだろう?という感じです。
そして諦めて次の城跡へ向かい掛けた時、道端に何やら石碑や説明板が。
ここは城キチの嗅覚が"ピンッ"と来ました。

道端にバイクを停めて近づくと、「鯰江城址」の城址碑がヽ(´ー`)ノ
やっと見つけただけに、嬉しさも倍増です。
ただ、心残りと言えば、土塁や石垣の石を見つけられなかった事。
せっかく丁寧な案内図を見つけたのだから、せめて土塁は見てくればよかったのですが・・・

写真の城址碑セットは、地図の印の所にあります^-^
そして、城域はここから北東の住宅街一帯です。
田んぼの中の集落なので、おそらくここが丸ごとお城だったようです。
何も無いと書かれたブログもある位で、遺構がわかりませんでしたT_T


◆歴史◆

築城年は不明です。
鯰江城は六角満綱の子・鯰江高久を祖とする鯰江氏の居城でした。

六角満綱といえば、1441年に国人衆に担がれた次男・時綱により討たれた人物です。
六角時綱はこの事件のせいで幕府から討伐され、以後、家督争いが始まりました。
鯰江城が築かれたのはそんな時代でした。

1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛しました。
この時六角義賢は三好三人衆に味方をして、この上洛を阻もうとしました。
そのため織田信長と戦になり、観音寺城を追われました。
その後、六角義賢は甲賀の三雲城に潜伏し、ゲリラ戦を展開しました。

1573年、織田軍に攻められ落城し、そのまま廃城となりました。

この時まで六角義賢は三雲城にいたそうですが、急遽鯰江城に移りました。
これは、織田軍が小谷城を攻めている内に、背後から攻めかかろうとしたのかも。
しかし、六角義賢は浅井長政とは連携しようとしなかったんですね。

浅井長政は、浅井氏が六角氏に臣従の証に人質として預けていました。
これは、浅井久政が家督を継ぐ際にとった苦渋の策です。
1560年に長政が元服した時、六角義賢は一文字与え「浅井賢政」と名づけました。
また、重臣・平井定武の娘を娶らせています。

ところが小谷城に戻った「浅井賢政」は、名と娘を六角義賢に突き返しました。
激怒した六角義賢が討伐軍を差し向けましたが、逆に大敗を喫しました。
こんな事があって、六角義賢は浅井長政と連携して戦わなかったのでしょう。
小谷城を攻め落とした勢いで鯰江城も攻め落とされ、以後の六角義賢は消息不明となります。


所在地:滋賀県東近江市鯰江町

なぽのホームページ/滋賀県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。