なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
花崎城跡は、現在花崎城山公園となっています。
訪問日は2013年10月12日です。

花崎城/花崎城山公園
▲花崎城山公園の入口(東側)

花崎城跡である花崎城山公園は、東武伊勢崎線の南側にあります。
線路脇に東西に長く、線路を隔てた自動車学校の西側も城域なのだそうです。

線路の南側を走る道からは位置がわかりづらいので、花崎駅を過ぎてから路地に入ります。
そして線路沿いに西へ進むと大きな公園が見えてきます。
公園の周りに駐車場は無いので、路上駐車となります。

花崎城/南側の空堀
▲南側の空堀

花崎城/北側の水堀
▲北側の水堀

東側の入口から入ると、下草が無いので公園内の堀がよく見えます。
入口から見て左側(南)には空堀、右側(北)には水堀があります。

この堀は遺構なんでしょうけど、、、何だか嘘っぽい感じが。
おいらの勘違いならよいのですが。

おそらくはオリジナルではなく、発掘して再現したのでしょうか。
あまりにきれいに残っているので、そう感じたのかもしれません。

花崎城/南西の水堀
▲南西角の水堀

まぁでも、こうやって水堀越しに城跡を見た雰囲気がいいですね。
某サイトにあった図ではこの辺りが障子堀でしたが・・・どうなんでしょう?w


◆歴史◆

築城時期や築城者はわかっていません。
粟原城の支城で、両城ともに細萱氏が城主を務めていました。
粟原城はすぐ近くにある鷲宮神社の社領で、神社は平安時代末にはすでにありました。
記録に登場するのは戦国時代になってからです。

1561年、長尾景虎(のちの上杉謙信)が小田原城を攻めました。
その帰路、羽生城主・木戸忠朝に粟原城と花崎城を攻めさせています。
栗原城主・細萱光仲は小田原城に詰めており、両城とも落城しています。

1574年、北条氏繁が攻め寄せ、花崎城は自落しています。
北条氏繁(北条綱成の嫡男)が白河義親宛に書いた手紙の中で
「上杉謙信との対決を楽しみにしていたのに、沼田へ引き上げてしまい残念」
「花崎城へ攻め寄せたら、すぐに自落してしまった」
と記しています。

粟原城の細萱氏は後北条氏方なので、1561年以後は木戸氏が支配していたと思われます。
1574年に北条氏政は関宿城を攻め落としました。
この時、上杉謙信は援軍として関東に来ましたが、利根川の増水で間に合いませんでした。
同じく後北条氏に攻められピンチだった木戸氏も、謙信に援軍依頼をたびたび出していました。
関東の上杉方はほぼ壊滅しており、謙信は羽生城を破却して木戸氏を上野国膳城へ移しました。
北条氏繁が書いたのはこの事だと思われます。

再び後北条氏の支配地となり、粟原城には細萱氏が戻ったようです。
しかし、花崎城がこの後どうなったのかはわかりませんあせる


所在地:埼玉県加須市花崎北(花崎城山公園)

なぽのホームページ/埼玉県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。