なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
児山城跡は華蔵寺の隣にあります。
訪問日は2011年7月16日です。

児山城/入口に有る城址碑
▲入口に城址碑

お寺に着くとすぐに城跡がどこなのかわかりました。
その入口にあるのがこれ!
あぁ、これがあればもう帰ってもいいw
・・・でも見たい・・・

児山城/説明板
▲すぐにある説明板

そしてまたすぐに説明板があります。
いいですね♪

児山城/空堀
▲大きな空堀が!

そしてそして!
すぐに現れた大きな空堀!
思ってた以上に深いのがヽ(´ー`)ノ

児山城/土塁
▲土塁が!

土塁もちゃんとあります。

児山城/土塁上から
▲土塁の上から空堀を見下ろす

行ってから2年以上経ったのでどこだかもう覚えてませんが・・・
おそらく櫓台っぽい所に登った、かもしれません。
堀との高低差がすごいです^^


◆歴史◆

児山城は建武年間(1334~38年の間)に児山朝定により築かれたとされます。
児山氏は宇都宮氏庶流で、宇都宮頼綱の4男・多功宗朝の次男(or 3男)の朝定を祖とします。
朝定には跡継ぎが生まれなかったため、娘の子で三浦義行の5男・朝行を養子に迎えています。

その後の児山氏の事蹟は不明ですが、宇都宮氏に忠実に従ったとみられます。
それからおよそ200年後、ふたたび児山城が歴史に登場します。

1558年、長尾景虎が葦名盛氏とともに下野制圧の兵を差し向けました。
景虎が出馬した訳ではなさそうですが・・・
長尾軍は上野国から宇都宮城を目指しました。

先鋒は佐野小太郎こと佐野氏14代当主・佐野豊綱でした。
長尾軍は小山氏を降伏させ、壬生城も降して多功城に攻め寄せました。

宇都宮氏は援軍を集めたため、多功城で決戦となりました。
戦いは宇都宮軍が佐野小太郎を討ち取ったことで勝利。
退却する長尾軍を上野国まで追い、岩付城の太田三楽齋が仲介して和睦したそうです。

勝利を収めた宇都宮軍ですが、払った代償は大きく多くの戦死者を出しました。
祖母井吉胤、矢板前司、野沢将監らとともに児山兼朝も討死しています。
これにより児山氏が絶え、廃城になったと考えられています。

真っ先に攻め込んで来た佐野小太郎が悪者みたく思えますが・・・
佐野氏は山内上杉氏、扇谷上杉氏、古河公方の勢力境に本拠がありました。
後に上杉謙信と後北条氏、後北条氏に反発する小山氏や結城氏、宇都宮氏などに囲まれます。
いつまで経っても戦乱の絶えない地にあり、絶えず苦労を強いられ続けていました。

城跡の隣にある華蔵寺ですが、こちらも児山朝定が1334年に「復興」したのだそうです。
はじめに建てられたのがいつかはわかりませんが・・・
両者のつながりを考えると、児山氏のお墓があっても不思議ではありませんね。


所在地:栃木県下野市下古山

なぽのホームページ/栃木県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。