なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
宮城氏館の跡地には氷川神社があります。
訪問日は2013年5月5日です。

宮城氏館/氷川神社

この神社は割とわかり易い場所にあります。
大通りが立体になっており、その脇道を入った所です。
そのため車の往来も少なく、神社の前にクルマを停められます。

マイナーな場所のせいか下調べが甘く・・・
宮城氏館跡の石碑を撮り忘れました。
痛恨の極みw

石碑は神社境内の右隣の公園側にあります。
あると思います。
・・・見てないので何ともあせる


◆歴史◆

宮城氏は豊島氏の庶流なのは間違いないのですが、起源については諸説あります。
有力な説では
(1)葛西清重の子・朝清を祖とする(『金輪寺本豊島家系図』、『豊島宮城系図』)
(2)葛西清重の4代後の豊島重信の子・重中を祖とする(『泰盈本豊島家系図』)
など。

宮城氏は1478年に太田道灌が本家・豊島氏を滅ぼすと、その軍門に降りました。

1486年に太田道灌が暗殺されて太田氏が内部分裂すると、岩附太田氏に従いました。

1564年に嫡男・太田氏資がクーデターにより家督を継ぐと、宮城氏はこれに従いました。
氏資はそれまでの反北条の姿勢を一転し、後北条氏に仕えました。

1590年、豊臣秀吉により後北条氏が滅ぼされると、宮城氏も没落しました。

江戸時代になり、徳川秀忠が宮城氏を見出すと、宮城正業を旗本として登用しました。
その領地はちとわかりません(;´ゝ`)

氷川神社の由緒書きによると、豊島八郎重中が屋敷の敷地に氷川神社を勧進したそうです。
そして、1590年に豊臣秀吉により主家・後北条氏とともに滅びました。
しかし、村の鎮守として氷川神社は残りました。

大正2(1913)年3月、荒川の河川改修に伴い移転。
・・・移転してたんですね。

昭和20(1945)年4月13日、戦災により焼失。

昭和25(1950)年10月、旧地に再建。
・・・戻ったんですね。

昭和33(1958)年10月、宮城公園設置のため、移転新築し現在に至る。
・・・やっぱりまた移転?

途中に書かれていた宮城1丁目38番6号を検索すると・・・
氷川神社の場所がヒットしました。
結局の所、今の場所がそうなんですね┐(´∀`)┌


所在地:東京都足立区宮城1丁目(氷川神社)

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。