なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
鵜木氏館は多摩川沿いの矢口の渡し付近にありました。
光明寺はその館跡にあると考えられています。

鵜木氏館/光明寺

光明寺は環八の「藤森稲荷前」交差点のすぐ近くにあります。
お寺の前にはいくぶんかクルマを停められるスペースがあります。
環八を走っていると「やっぱり城跡だ!」と感じさせてくれます。


◆歴史◆

鵜木氏は江戸氏の庶流です。
江戸氏はもともとは江戸城を本拠としていた秩父一族です。
源頼朝に従って源平戦で功を挙げ、武蔵各地に所領を得ました。
特に多摩川下流域には江戸氏の子孫が多くいらっしゃるそうです。

ここで起きた大きな出来事。
それは1368年、室町時代のはじめ頃のことです。

足利尊氏が没すると、新田義興が上野で挙兵しました。
新田軍は連戦連勝で、多摩川沿いに南下して鎌倉に迫る勢いでした。

そこで関東管領・畠山国清は一計を案じました。
それが江戸遠江守と竹沢左京亮による新田義興の騙し討ちです。

義興が軍勢を進めると、2人は偽って降伏しました。
もともとは主従であったため旧交を温め、次第に信用されるようになりました。
そして10月10日、名月の宴を催すと義興を誘いました。

矢口の渡しから舟に乗り月を愛でる筈でしたが・・・
多摩川の真ん中辺りに差し掛かった所で舟底が抜かれました。
義興と近臣は、待ち伏せていた遠江守と左京亮の手勢に討ち取られました。

その後一週間ほど経って、遠江守は矢口の渡しから舟に乗ろうとした時の事。
急に空が暗くなったかと思うと雷鳴が轟き始めました。

義興の騙し討ちに協力した船頭は、急いで舟を戻そうとしましたが・・・
濁流に呑まれて沈み、溺れて死にました。

一方、これを聞いた遠江守は、別の場所から多摩川を渡ろうと移動し始めました。
その移動中にすぐそばに落雷したそうです。
この時落馬した遠江守は館へ運ばれましたが発狂し、一週間後に果てました。

江戸遠江守が雷神・新田義興から逃れようと転げ込んだのが、鵜木氏の館だとされています。

この事を聞いた国清は、雷神と化した義興の霊を鎮めるために新田神社を建てたそうです。
江戸時代に浄瑠璃で義興の話が流行ると、新田神社は矢のアイテムで大儲けしたのだとか。
これが破魔矢の始まりだそうです。

すっかり話がそれました。
肝心の鵜木氏ですが・・・わかりませんwww


所在地:東京都大田区鵜の木1丁目(光明寺)

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。