なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
次は源義賢の館があった、と伝わる大蔵館です。

大蔵館/前の道
▲館跡周辺

大蔵館は多摩川東岸沿いの丘の上にありました。
比高は20m程あり、多摩川やその向こう側(西側)の眺望がよい場所です。
現在はすぐ脇を東名高速が通っており、切通しになっています。
・・・ちょうど遺構がありそうな所があせる

大蔵館/大六天社
▲大六天社

橋の手前の細道を入ると、すぐに大六天社の小さな祠があります。
この祠は、戦国時代に館の主であった石井良寛を祀ったものだそうです。
・・・歌人の良寛ではありませんw

ちなみに大六天社というのは、欲界の大魔王・第六天魔王を祀る神社です。
第六天とは六欲天の中で最上の天で、他化自在天とも呼ばれています。
この世界に生まれた者は、他の天の者の楽を自在に己の楽として受けとることができます。
とても居心地の良い世界ということでしょうねw

・・・神社仏閣巡りになりかけてますねあせる


◆歴史◆

大蔵館は源義朝の弟で木曽義仲の父・源義賢または、義朝の嫡男・義平の館と伝わります。
・・・ということは平安時代末ごろ、今から900年程前の館跡ですね。

1153年、兄・源義朝が下野守として関東に下向し、関東で勢力を伸ばしました。
義朝と不仲になっていた父・為義の命により、義賢も関東に派遣されました。
そして秩父重隆の娘を娶って大蔵に館を築き、義朝を牽制しました。

ところが1155年、鎌倉に下っていた義朝の嫡男・義平が大蔵館を急襲。
義賢と重隆が討ち取られてしまいました。
大蔵館にいた義賢の次男・駒王丸は、畠山重能らの計らいで木曽に逃れました。
彼はのちに木曽義仲となり、義朝の子・頼朝と戦うことになります。

歴史的背景を考えると、義賢の館はどうしても埼玉っぽいですね・・・
埼玉県嵐山町にも義賢の館と伝わる「大蔵館」があり、土塁等がよく残っているそうです。
ここが義賢の館と伝わるのは、近所に「大将塚」(義賢の墓)があるからだそうです。

時代は下り、戦国時代には石井良寛がこの地に館を構えました。
「良寛」という名ではありますが、かの有名な歌人ではありません。
時代が離れすぎていますw

石井氏は大永年間(1521~28年の間)に京より移り、世田谷の吉良氏に仕えました。
これは後北条氏が江戸城を攻略した頃ですね!

吉良氏は関東では家格の高さから大切にされ、戦をした記録がありません。
周囲が後北条氏の勢力範囲になると、自然に後北条氏に取り込まれたと思われます。
丁度その頃、北条氏綱が娘を吉良頼康に嫁がせていますので。
石井氏が多摩川沿いに館を築いたのは、非常時に多摩川西岸に連絡するためかもしれません。

1590年に後北条氏が徳川家康に滅ぼされてからは帰農し、名主になったそうです。
・・・それ以上の事がわかりませんあせる


所在地:東京都世田谷区大蔵5丁目(大六天社)

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。