なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
喜多見屋敷は江戸氏の子孫・喜多見氏の館で、現在の氷川神社・慶元寺辺りにありました。
訪問日は2013年5月5日です。

喜多見屋敷/氷川神社
▲氷川神社

氷川神社は740年に創建され、素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祀っています。
元々は多摩川近くにありましたが、延文年間(1356~60)に多摩川洪水のため流失しました。
1570年に江戸頼忠により現在地に再建されました。

喜多見屋敷/慶元寺三重の塔
▲慶元寺の三重の塔

氷川神社の前の細道を通って墓地の脇を通っていると、三重の塔が見えました。
世田谷区にもあったんですね、お寺の塔!
・・・なんだかだんだんお寺&神社巡りみたいになってきましたあせる

喜多見屋敷/慶元寺
▲慶元寺

細道の先はパッと広い空間があり、慶元寺の本堂に出ました。
慶元寺は1186年、江戸重長が江戸城内に開基した天台宗のお寺でした。
室町時代中頃に江戸氏が当地に移った際に、浄土宗のお寺として移されました。

1593年に喜多見氏初代・勝忠が再建・・・てことは、小田原征伐の際に焼けたのでしょう。
江戸時代には幕府から10石の御朱印も拝領しました。

江戸氏改め喜多見氏の館は、慶元寺の前にあったそうですが・・・今は跡形もありません。


◆歴史◆

喜多見屋敷は、江戸氏とその子孫である喜多見氏が暮らしていた館です。
江戸氏は平安時代末、平家討伐の功として武蔵七郷を与えられました。
木田見郷はその中の一郷です。

江戸氏はその名の通り江戸城を本拠地としていましたが・・・
室町時代に太田道灌により江戸城を奪われ、木田見の地に移りました。
以後、江戸氏の本拠地は木田見となります。

戦国時代には後北条氏に属し、世田谷・吉良氏の家臣となりました。
1590年に豊臣秀吉が後北条氏を滅ぼすと、吉良氏とともに下総へ逃れました。
その後は徳川家康に仕えるようになり、木田見の地を安堵されました。
この時に地名・姓ともに「喜多見」に改めています。

江戸時代の喜多見氏は旗本として家名を保ちましたが・・・
徳川綱吉の時代には側用人となり、2万石の大名となりました。
しかし、1689年に突然改易され、喜多見氏は所領を没収され、屋敷は廃されました。

改易の理由は・・・
・従兄弟の家で刃傷沙汰があった
・生類憐れみの令について諫言した
などが考えられますが、現在の所は不明です。


所在地:東京都世田谷区喜多見4丁目(慶元寺・氷川神社)

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。