なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
八王子って本当に城館跡が多いですね・・・
もう終わったと思ってたのにあせる
続いて大石氏館です。

大石氏館/入口
▲大石氏館跡への入口

大石氏館は、大栗川沿いにある舌状台地に築かれていました。
多摩ニュータウン造成の際に断ち切ったのでしょうか?
スパっと切れた切通沿いに、館跡へと続く階段があります。

大石氏館/大石やかたの看板
▲フェンスに「大石やかた」の文字が!

その階段を登っていると、白い板になにやら文字が・・・
そこには「大石やかた」の文字がありました。
半ば迷子となって彷徨っているおいらには有難い板です合格

大石氏館/館跡の光景
▲館跡の光景

階段を登り切ると、そこは・・・一面の畑。
遺構らしきものは見当たらず、一面のっぺりと整地されていました。
土塁や空堀は一体どこ(゚∀゚;≡゚∀゚;)?

大石氏館/百日紅の説明板
▲説明板付きの百日紅

そろそろ諦めて次へ行こうかと思った瞬間、奥の方に見慣れた説明板が!
近寄って見てみると・・・百日紅についての説明板でした。
タイトルがタイトルなのでそのまま読んでみると・・・

大石氏館/百日紅の説明板(拡大)
▲その説明板

ここは大石信濃守宗虎の館跡で、この百日紅はその当時からあったものだとか!
そういえばこんなに幹の太い百日紅、見た事ありません。
歴史の生き証人ですね!
お話を聞きたい気もしましたが、冷静に考えるとそうでもないような・・・w

大石氏館/百日紅前の溝
▲百日紅の前にうっすらと溝が!

そして、その百日紅の前にはうっすらと溝が!
こ、こ、これは、、、遺構なの???
畑の畝のような気もしましたが、城キチ的には遺構ということにしておきますw


◆歴史◆

説明板に書かれていた通り、1559~68年頃「大石信濃守宗虎」が館を構えていました。
と書くと、かなりはっきりしたように見えますが・・・

この「大石信濃守宗虎」がクセ者です。
今だに誰なのか特定できずにいるからですw

今の所の最有力候補は、大石定久の弟・定基だそうです。
『新編武蔵国風土記稿』には滝山城主と書かれているそうですが・・・
・没年が同じ1571年
・子の定照も「信濃守宗虎」を名乗っている
あくまでも状況からの推測ですあせる

尚、子の「信濃守宗虎」は、八王子城松木曲輪で壮絶な討死をしたと記録されています。
八王子城の曲輪は、落城時の守将から命名されているそうです。
この「松木曲輪」という名前がとても意味深ですね。


所在地:東京都八王子市松木

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。