なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
平山城は平山城址公園の一角にありました。
公園は城址というよりは城址の裏山ですw

平山城/城址公園の入口
▲城址公園の入口

平山城址公園は案内板や交差点などもあるのですが・・・
入口はよくわかりませんあせる
何となくこっちの方ヽ(´ー`)ノで走ると、写真の駐車場に辿り着きました。

平山城/土塁?
▲駐車場脇のフェンスの内側には・・・

駐車場から奥へ向かう道の脇にはフェンスが巡っていますが・・・
その内側を見ると、何となく土塁っぽく土が盛られています。
この道を造った時の改変かもしれませんが、遺構保護のためなのかもしれません。
とにかく、何も表示がないので判断がつきません。

平山城/神社入口の虎口っぽい地形
▲神社入口の虎口っぽい地形

さらに奥に進むと、小さな鳥居と祠が見えました。
その手前は通路を囲むように土が盛られています。
何とな~く虎口っぽい感じはしますが・・・
神社側から振り返ると、入口を狭くするような感じに見えました。

平山城/平山季重神社
▲平山季重神社

もういちど向きなおして撮った神社です。
本当に小さな祠です。
山から突き出た峰の先端部分にあり、北側の平山を見渡す位置にあります。
規模から居館や籠城のための城ではなく、物見の施設だっただろうと考えられています。


◆歴史◆

平山氏は関東七党の1つ・西党の一族です。
祖先は日奉宗頼で、平安時代に武蔵守として武蔵府中に赴任しそのまま土着しました。
その3代後の直季が武蔵国多西郡平山に居館を構え、平山氏を称したのが始まりとされます。
平山城が築かれたとしたらこの頃でしょう。

その直季の子・季重が源平合戦で活躍。
源義経に従い、熊谷直実と常に先陣争いを繰り広げ、勇名を馳せたのでした。
数々の戦いで戦功を挙げ、鎌倉幕府が開かれると、季重は元老に列せられました。

源頼朝が没した後、北条氏が他の重臣の排斥を始めます。
この時、畠山忠重や和田義盛などが滅ぼされました。
1212年に季重が没した後の平山氏は、目立った活動が見られなくなります。
一族の生き残りのため、遁世したのだと言われています。

その後、1416年にあった上杉禅秀の乱では、平山氏は武州南一揆を率いて活躍しました。
この時の活躍で檜原谷を与えられ、檜原城を築いて甲斐・武田氏に備えるのでした。

その後、上杉氏が滅ぼされると、平山氏は後北条氏に仕えるようになりました。
『小田原衆所領役帳』には平山長寿(氏重)と平山善九郎(綱景)の記載があります。

そして1590年、豊臣秀吉が後北条氏討伐の兵を挙げます。
平山綱景は八王子城の太鼓曲輪を守って討死。
八王子城が落城した後、平山氏重・氏久父子は檜原城で抵抗を続けましたが落城。
氏重父子は千足の地で自刃して果て、平山氏は滅亡しました。

『新編武蔵風土記』によると、その後は徳川家康の直轄地となり、代官が置かれました。


所在地:東京都日野市平山6丁目

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。