なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
小田野城に続いて小田屋敷跡です。
ここは、小田野城を築いた小田野源太左衛門の館がありました。
八王子市松木の多摩ニュータウンの一角にある松木台公園がその場所とされます。

小田屋敷/松木台公園
▲松木台公園

多摩ニュータウンとして派手に造成されており、地形は大幅に改変されています。
公園としてまっさらに整地され、ここに館があったのだという面影はありません。

小田屋敷/公園脇
▲公園脇の道

公園の脇の道は、よそなら空堀の跡に見えますが・・・
周囲を見た感じでは、完全に造成により造られた道です。
公園の端は完全には崩されておらず、土塁のような感じになっています。

小田屋敷/松木台公園脇の公園
▲公園脇の土塁のような場所

周囲は完全に破壊され尽くしているのに、なぜか公園の端は崩されていません。
その上にも狭いながら広場?があります。

小田屋敷/富士見台公園の階段から見た松木台公園
▲隣の富士見台公園に上る階段から見た松木台公園

隣には富士見台公園に登る階段があります。
この階段から松木台公園を見ると、残された土塁状の所が舌状台地に見えます。
もはや、見るもの全てが城跡に見えてしまうなんてあせる

小田屋敷/富士見台公園
▲富士見台公園

そのまま階段を上ると、ぱっと開けた場所に出ます。
そして、その脇には1m程の段差のある削平地があります。
・・・なんだかこっちの方が館跡っぽい雰囲気です。

小田屋敷/富士見台公園の住居跡
▲平場から住居跡を見上げる

その低い平場から、屋根のある住居跡を見上げます。
屋根だけの建物なのですが、この角度だと丘の上のお屋敷を見上げてる感じがします。
あぁ、もう何を見ても・・・w


◆お城の歴史◆

小田屋敷は小田野肥後守定久が築いたとされます。
その子が小田野源太左衛門で、数々の武功を挙げた人物です。

源太左衛門は北条氏滅亡後は浪人となり、後に水戸徳川家に仕えたそうです。
その際に名を「小田源左衛門」と改めています。
その子孫は、多摩ニュータウンが造成されるまでの間、当地で暮らしていたそうです。

小田野城も小田野氏の館跡だったという説があります。
もしそうであるなら、城を築くため立ち退いて1587年にこちらに移って来たということでしょう。

小田野氏の出自はよくわかりませんが、大名の小田氏ではないかという説があります。
『岡見氏系図』の小田朝治の項に

"故有テ母トトモニ小田ヲ出テ、相州小田原ニ走リ、北条家ニ奇食ス"

とあります。

その子・朝家については

"小田源太左衛門、父トトモニ北条陸奥守氏照ニ属ス、北条家滅亡後、松平薩摩守忠吉卿ニ仕、
卿逝去ノ後、元和四年中山備前守信吉ノ薦ニテ、水戸頼房卿ヘ奉仕、子孫水戸ニアリ"

だそうです。

小田朝治は、小田氏最後の当主で「不死鳥」と呼ばれた小田氏治の兄です。
この系図によると、1529年に生まれて1582年に亡くなったとあります。

朝家は「源太左衛門」と書かれ、水戸徳川家に仕えている所などは一致するのですが・・・
「新編武蔵国風土記稿」に登場する小田野氏とは、年代がズレています。

小田野肥後守定久について

"八王子城主北条氏照が家人なり、流離の後当所に住し、元和二年(1616)年七月六日寂せり、法諡を白月斎葉山道秋と云、その子源太左衛門は当寺を起立せしよし、この人後に水戸殿に仕え野をのぞき小田と称せり」

だそうです。

小田家治 = 小田野源太左衛門 だとすると 小田朝治 = 小田野定久 となります。
・・・が、没年が38年ズレますあせる

これだけズレると、間に2世代くらいありそうです。
家治が「源太左衛門」を名乗り、その子や孫も「源太左衛門」を名乗った可能性があります。

系図は常陸の庶流である岡見氏のものなので、分かっている範囲で書き留めたものかもしれません。
同一人物であるという保証はどこにもありませんがw


所在地:東京都八王子市松木(松木台公園)

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。