なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
GWは渋滞回避のため、都内の城跡を回りました。
その数49箇所・・・
頑張って書きますあせる

さて、今回書くのはあきる野市にある伊奈城跡です。
ここを訪れたのはGW前の4月20日ですあせるあせる

伊奈城/北郷神社
▲北郷神社

城跡とされる北郷神社は、東京都配水場のすぐ上にあります。
配水場脇の山道を登り、5分程度で着きます。
上平井館の詰めの城とされているようですが・・・

伊奈城/神社脇の広場
▲神社脇の広場

神社は削平された丘の頂上にあります。
主郭跡と思われる神社の周囲は、それなりに広さはあります。
ただ、土塁や空堀など見当たらず、戦となれば野戦と変わらないかも・・・

丘といってもそんなに高いものではありません。
周囲も切り立った断崖でもなく。
緩い斜面に囲まれていて、要害性はほとんどありません。

伊奈城/神社の裏手(北斜面)
▲根小屋の跡?

そんな伊奈城跡で、お城っぽい地形に見えたのが北の斜面。
切岸というほどではないのですが、斜面がありその下に平場がある感じ。
ただ、お城の遺構か?と言われると、この地形では何とも言えませんあせる


◆お城の歴史(ほぼ妄想のみ)◆

伊奈城は1979(昭和54)年に発見されました。
この年には『日本城郭大系』も刊行されており、お城ブームだったのでしょうか?
史料にはまったく現れないお城ということもあり、『日本城郭大系』にも収録されていません。

丘の東麓には平井氏の館跡と伝わる松岩寺があります。
伊奈城については「おそらく」この館の詰めの城だっただろうと推測されています。

※1562年

平井氏についての詳細は不明ですが、後北条氏の文書の中に平井郷伝馬奉行宛のものがあります。
この文書が書かれたのが1562(永禄5)年とする説が有力のようです。
この時期は、すぐ北の三田氏が後北条氏と戦っていた時期です。

また、伊奈城の東には南北に都道185号が通っています。
当時そこが街道であったとすると、三田氏攻めの重要な通路ということになります。

肝心の文書の内容ですが、平井郷の伝馬の負担を軽減するというものだそうです。

※1590年

この年に豊臣秀吉による小田原攻めがありました。
なので、在地領主は八王子城か小田原城に詰めていたはずです。

ここで1つ気になるのが平井無辺という人物です。
八王子城が1日であっけなく落城したのは、彼の裏切りによるとされています。
直江兼続の配下・藤田信吉の調略により、八王子城の隠し通路を案内したそうです。
彼は八王子城の普請奉行も務めており、八王子城の全てを知っていました。
彼はこの戦いで討死したそうです。

居館とされる松岩寺は、かつて宗剣寺と呼ばれていたそうです。
そして、そこには平井宗剣の事跡を記した石碑があります。
宗剣が没したのが天正18年6月23日(旧暦)。
八王子城攻めのまさにその日なのです。

八王子城の守備隊はほぼ全滅したので、同じ日に亡くなった平井氏は複数いると思います。
ただ、後北条方として戦った人を祀るものが、徳川氏支配のもとで堂々と建てられるとは思えません。
あまり有名で無いのは、平井氏の意思によるものではなかったからなのでしょうか。
そして、名が「無辺」でないのも、そのあたりの事情によるのかもしれません。


所在地:東京都あきる野市伊奈

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。