なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
先週たくさん回った都下のお城・・・
2つ目は今井城です。
あと27箇所いつ書こうwww

今井城/都道からの入口
▲ここを曲がります

今井城は入間市との境目近くにあります。
写真の看板の所を曲がり、雑木林を回りこむように進みます。

今井城/入口
▲入口

そして、新しい住宅の間を通る道の突き当たりが入口となります。
クルマなら1台くらいは、端に寄せればなんとか停められそうです。

今井城/説明板
▲入口にある説明板

入口には青梅市教育委員会が設置した説明板があります。
この説明板によると、発掘調査の結果お墓が出土したとか。
お墓を壊して造られたお城なんですねドクロ

今井城/堀切
▲城域に入るといきなり堀切!!

失礼しま~す、と城内に入ると・・・!
いきなり立派な堀切が現れます。
深さ2m、幅は5mほど。
噂に違わず遺構の保存状態はとても良いです。

今井城/堀切
▲2郭南側は断崖

堀切を越えた所が2郭です。
その南側には簡単な柵があり、その先はちょっとした断崖になっています。

今井城/空堀脇の土塁
▲2郭北側の土塁・空堀を外側から

反対の北側ですが、こちら側は空堀で囲まれ、その外側に土塁があります。
ここもよく残っていて見ごたえがあります^^

今井城/北の水路と土塁
▲北側の水路と土塁

北側にはちょろちょろと細い水路が流れています。
少し東側に進むと3郭?外周の土塁が城を囲んでいます。

今井城/北東の高土塁
▲北東の大堀切から見上げた所

そこから城内に入る土橋があります。
更に東へ進むと、かなり規模の大きな堀切と土塁が現れます。
土塁と堀底との高低差は5mないくらい。

今井城/主郭から見た北東の大堀切
▲主郭から見た北東の大堀切

大きな土塁と堀切を越えると、広い主郭に出ます。
主郭は北~東~南とも断崖に囲まれ、西側は堀切で断ち切られて2郭につながります。

今井城/主郭
▲主郭内部

主郭の広さは20m四方くらい。
居館を構えるなら十分な広さです。
北東隅には小さな祠がありました。

城内を巡ってみたのですが、大手らしき登城路が見当たりません。
だとすると、西から台地伝いに入るのが大手筋かもしれません。

全体的に郭や空堀、土塁などがとても良い状態で残っています。
素人の印象ですが、東からの攻撃に備えた造りであるように思えました。


◆お城の歴史(妄想たっぷり)◆

築城時期や築城者は不明です。

『武蔵名勝図会』(1823年編纂)によると、今井氏が数代にわたり住んでいたそうです。
そして、今井氏は天正年中(1573~92年の間)に滅びたのだとか。
これは現地の人に聞いた話として書かれています。

あとは、発掘調査の結果、主郭の北側にある土塁の中からお墓が出てきたそうです。
板碑に書かれた年号から1312年から1522年にかけてのものが出土しました。
他にも骨壷や火葬骨なども割と浅い層から出てきました。

・・・今井城について、直接わかっているのはこれだけです。
これだけわからないと燃えますメラメラ

『武蔵名勝図会』に名前が登場する人を調べてみると・・・

今井四郎左衛門尉経家についてはわかりませんあせる
その子孫である宗家は、南北朝時代の人物だとわかりました。

『建武記』(1334年編纂)によると、宗家は武者所結番の四番に結番されたとあります。
武者所は建武新政で宮方の65名で編成された軍団で、後に南朝勢力の中核となりました。

また、正福寺にあった阿弥陀如来像に「応永二年今井四郎氏為菩提」と書かれていたそうです。
応永二年は、西暦では1395年に当たります。
今はこの阿弥陀如来像は無いそうです。

・・・ということは、1312年より前に築かれ、1522年以降に大きな改修を受けたということですね。
阿弥陀如来像を納めたという正福寺には今井氏のお墓もあります。
ただし、いつ誰のものなのかまではわかりませんでした。

お墓を潰してまで改修するなんて、とても事態が切迫していたということですね。
しかも、ただ潰すのではなく、そのまま埋めてしまうとなると・・・
普通に考えれば戦があったとしか思えません。


ヽ(´ー`)ノ ここからは妄想の世界です ヽ(´ー`)ノ
ヽ(´ー`)ノ 真に受けてドヤ顔で引用しないで下さいね ヽ(´ー`)ノ

今井城の近隣の勢力を見ると、すぐ西に三田氏、すぐ東に金子氏が居ました。

今井氏は入間近辺を本拠とした児玉党の一族です。
血縁的には東側の人間と言えそうです。

一方、遺構の残り具合を見た感じでは、東の方が造りが厳重になっています。
そのため、城の構造的には三田氏寄りな感じがします。

次に勢力図ですが・・・
西の三田氏は山内上杉氏の重臣として活躍していました。
一方、東の金子氏も山内上杉氏に仕えていました。
立場的には三田氏の方が圧倒的に上ですね。

両者とも最終的には後北条氏の傘下となるのですが、その時期が「少し」ズレています。
おいら的にここがポイントだと思います。

三田氏が後北条氏に仕えたのは、河越夜戦が終わった後の1546年です。
これに対し、金子氏が後北条氏に仕えたのは、河越夜戦の最中の1545年です。
その差は1年も無いのですが・・・

北条氏康は、敵対する上杉方の諸将を切り崩そうと必死でした。
氏康が送った書状には、本領の安堵と新恩の地を与えると書かれていたそうです。
金子家長はこの懐柔策に乗り、戦が決着する前に後北条方についたのでした。

大きな戦の最中に、すぐ隣の金子氏が敵方となると・・・
勢力境の防備を固める必要に迫られます。
事態は一刻を争います。

おエライさんの三田氏が命令すれば、一城主が逆らうことなど到底できません。
これが今井城の緊急大改修の背景ではないかと、勝手に想像しました。

また、大改修をするとなると、もう1つ考えられる時期があります。
1563年にあった北条氏照による三田氏攻めです。

金子氏は北条氏照に仕えてから、部将としてめざましい活躍をしていました。
北条氏の配下になってからは、三田氏とは対等以上な立場になったと思われます。

ただし、この時は河越夜戦の時ほどの緊急性は感じられません。
北条氏照が三田氏を攻め始めるまでに2年の猶予がありましたので。

今井氏が滅びた「天正年中」は、少し早いですが、この時ではないかと思います。
三田氏についても、史料によっては「天正の頃」滅びたと記されたものもあります。

その事を裏付けるように、三田氏旧臣で組織された清戸三番衆に、今井氏の名前がありません。


所在地:東京都青梅市今井1丁目

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。