なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
沼田城跡は小田原古城の北へ5km程の所にあります。

道は県道74号を「相模沼田駅入口」交差点で北西へ左折。
「カネボウ足柄工場~」の案内板の所を右折。
あとは何となく道なりで、↓の写真の登城口に辿り着きました。

沼田城/登城口
▲登城口

沼田城/登城口にある案内板
▲登城口にある案内板

手書きの案内板を設置してくださったのは地主様でしょうか?
とても親切で助かります合格
そこから↓の写真の坂道を登ります。

沼田城/城址標柱
▲登城路は真っ直ぐではない

登りながら、いかにも!という感じの道です。
位置的には大手道っぽいですが、空堀とか堀切とか色んな説があります。
この道の突き当たりがT字路になっており、その真正面に↓の標柱があります。

沼田城/城址標柱
▲登城路を登り切った所に城址標柱

手作り感溢れていますが、これが有るのと無いのとでは大違い。
特に遺構がはっきりしない場所ではとても助かります合格

登った平場が主郭の跡だそうですが、見た所はただのみかん畑。
空堀や土塁、虎口といった感じの遺構は見当たりません。

かつては主郭が堀切で区切られていたそうですが、今はその痕跡もなし。
自分がその土地を利用するとすれば・・・やはり地形を楽に使います。

勝手な想像ですが、空堀の跡がそのまま道になってるのかもしれません。
道と畑はフラットで段差はありませんが・・・

沼田城/北側に下りる所
▲主郭の北側に下りる道が!

主郭内では舗装道が東西に走り、途中で北に伸びる道が1本あります。
その道の先が何だか「おいで」「おいで」と呼んでるような・・・
実際にそんな声が聞こえたら絶対に行きませんけどw

沼田城/主郭をとりまく腰郭
▲腰郭

ほとんど本能の赴くがままに道を進むと、さっきまでの畑から灌木交じりの藪になります。
春先まだまだ3月のせいか下草はほとんど無く、地形がわかりやすくなっていました。

見た感じでは、主郭から2、3m程の段差で周囲を幅10m程の腰郭が囲んでいるようです。
腰郭の外側はちょっとキツメの山の斜面でした。

沼田城/空堀
▲空堀

まずは東へ向かいましたが、2、30mも進むと倒木と藪が激しくて進めず。
Uターンして西へ向かいました。
西の方には井戸跡なのか、幅5mほどの窪みが主郭脇に1つありました。
そこから更に西へ進むと下り坂に・・・!
どうやら空堀(堀切?)のようです。

そこから先は垣根の向こう側が畑になっていたので、あえて進みませんでした。
主郭に戻り、舗装道を西へ進むと1件の民家が。
道の先は完全に民家の敷地でしたので、城跡探索はここまでとしました。

さっきの空堀(堀切?)がどこにつながっているのか・・・
これを書いてる内に気になって来ました。
う~ん、気になるの遅すぎあせる


◆お城の歴史◆

沼田城は平安時代末から鎌倉時代はじめにかけて、沼田氏により築かれました。
沼田氏は波多野氏の一族で、相模中央部の有力な御家人でした。

1416年の上杉禅秀の乱では禅秀側についたため没落。
沼田氏の領地は没収され、大森頼春に与えられました。
大森氏はその後、近隣の勢力を次々と制圧し、相模西部の広い範囲を支配しました。

1495年に伊勢宗瑞(北条早雲)が大森氏より小田原城を奪います。
この時に沼田城も宗瑞に降ったとみられます。
以後の歴史についてはわかりません・・・


所在地:神奈川県南足柄市沼田
なぽのホームページ/神奈川県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。