なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
相模と甲斐の国境シリーズ第1弾!
昨日4箇所行ってきました。
1発目は小松城。

小松城跡には宝泉寺があります。
お寺は館跡に建てられているそうです。

館の背後に城・・・
これは殿谷戸(とのやと)形式ですね!
先週見てきた小山田城と同じような造りになっています。

なぽのブログ-小松城/宝泉寺2なぽのブログ-小松城/宝泉寺1
▲宝泉寺が館跡で裏山が城跡

後で2枚つなげようなんて思ってなかったのでw
それにしても凄い数のお墓です。
その広い広い墓地の脇に怪しげな階段が・・・

小松城/登城口
▲お墓の西側にそれっぽい階段が・・・

これはどうみても裏山に登れ!的は階段なのであります。
そんな階段見て登らない訳には行きませんね!
もし違っててもすぐに下りられそうなので。

小松城/主郭
▲主郭にある小さな祠

階段を登り切るとなにやら小さな祠がありました。
後で知りましたが、ここが主郭の跡です。
その奥には「私有地につき立入禁止」が。
・・・ということは、ここに立ち入ろうとする人が後を絶たないということですね。

なぽのブログ-小松城/堀切なぽのブログ-小松城/説明板
▲道なりに進むと堀切と説明板があります

立入禁止じゃない方の道を進んで行くとT字路に。
その脇に説明板がありました!
これがあると城跡がとても見やすくなります。
写真を並べてみたら偶然にもピッタリ合いましたヽ(´ー`)ノ

小松城/説明板(拡大)
▲説明板

説明板には簡単な歴史と城の造りが書かれていました。
規模はそれほど大きくはなかったんですね・・・
この板を見て、見所は櫓台と堀切だということがわかりました。

この説明板、内容は素晴らしいのですが設置方法が・・・
図は北が上なのですが、道の南側にあるので現地とは向きが反対です。
真ん中の下の方に小さく小さくそんな断り書きがありましたw

小松城/櫓台
▲説明板の左側(東)に櫓台の跡

説明板から、すぐ左側のこんもり盛り上がっているのが櫓台だとわかりました。
・・・ということは、さっきの立入禁止はこの櫓台に登る入口なのでしょうか?

小松城/裏は断崖
▲城跡の裏(北側)は断崖になってます

お城は南北を川に挟まれた台地の先端部分にありました。
南側は緩やかでしたが、北側は急斜面。
高さは10m程ありそうです。

小松城/一番大きな堀切
▲一番大きな堀切

西に2つ、東に3つある内の一番大きな堀切です。
尾根筋をザクッと断ち切っていますね!

・・・その脇に金比羅宮の参道ということで、緩やかな道が通っています。
当時そんな道があったら堀切なんて意味ないので、道が出来たのは後の時代ですね。


◆お城の歴史◆

鎌倉時代の初期に永井(長井?)大膳大夫広秀が片倉城の出城として築いたとされます。
その契機となったのが1213年にあった和田合戦。
ご他聞に漏れず、北条氏による重臣の粛清です。
この戦いは・・・長くなりそうなので、ザックリした内容はWikipediaで見て下さいねw

それまでは横山党の領地であった相模北部は大江広元の領地となりました。
この時に片倉城の城主となったのが、広元の一族・永井(長井?)広秀です。

その後の歴史については殆ど分かっていません。
しかし、城の西には紅葉の名所・評議原という所があります。

何が「評議」されたかといえば、どう降伏するかについてだそうです。
集まったのは片倉城・津久井城・小松城の城主達。
いつ「評議」したかといえば、豊臣秀吉による小田原征伐の時です。
・・・ということは、1590年まではお城として使われていたのですね!

小松城/城址碑
▲帰りがけに入口にある城址碑発見!


所在地:神奈川県相模原市緑区川尻

なぽのホームページ/神奈川県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。