なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
2発目は小野路(おのじ)城。
昨日は5箇所の城跡を巡ったのでした。
全部書くかは気分次第・・・

登城路はいくつかあるようです。
東には萬松寺からの道、西には小山田緑地から登城路があるそうです。

おいらは南から。
県道156号の「野津田高校入口」交差点脇から北に伸びる細道に入ります。
舗装はされていますが道は狭く、車同士の離合はできません。

数百m進むと道の右手に墓地があり、その数十m先からは未舗装となります。
おいらのバイクはレーサータイプなので当然無理。
Uターンして、未舗装になる少し手前の道路脇に停めました。

小野路城/未舗装の道
▲城址東側にある南北の道は未舗装

オフロードタイプのバイクか軽自動車なら、注意深く走れば進めそうな感じです。
そこから5分程歩くと道の左側に立札が。

小野路城/入口にある説明板
▲入口の脇にある説明板

小野路城/説明板(拡大)
▲説明板

そこには小野路城について簡単な説明が書かれていました。
その10m程先には杭を横たえた階段があり、そこから城址に入ります。

小野路城/社
▲本丸入口には小さな鳥居と小さな社

50m程進むと写真の鳥居と社がありました。
何という名前だったのかは見ていません。
「お賽銭取るな!」みたいな事が書かれていました。

小野路城/本丸
▲本丸

社の後ろにはちょっとした広場があり、そこが本丸跡です。
社の右手には、1m程の高さの土塁があります。
本丸の奥には左へ細道が。

小野路城/本丸脇の広場
▲本丸の南側には細長い広場が

すると通路の左側(本丸の南側)にかなり広い広場があります。
木が無いのですが、畑という訳でもなさそうです。
管理者の方の手入れが良いのでしょうか。

更に奥に進むといくつか削平地や堀切らしき窪みが見られます。
長い年月の風雨でだいぶ崩れているのでしょうが、"城だな~"という雰囲気があります。


◆歴史◆

さて、このお城は都内では最も古い部類の城跡なのだとか。
1171~74年の間に小山田有重により築かれました。
有重は小沢城の稲毛三郎重成、榛谷郷の榛谷四郎重朝の父親です。

1171年に秩父有重が当地の別当となります。
有重は小山田城を築いて本拠とし、小山田姓を名乗るようになりました。

有重は小山田城の支城として、東約2kmの所に支城を築きました。
これが小野路城で、城主には次男の小山田二郎重義を置きました。
嫡男は夭逝しており、事実上の後継者です。

小山田一族は源平合戦では源氏方につき、鎌倉幕府初期の重臣となりました。
しかし、頼朝が没すると状況が一変。
北条政子の父・北条時政の専横が始まり、主だった重臣達が次々と粛清されました。

小山田一族も例外ではなく、1205年の畠山重忠の乱の巻き添えを喰って滅ぼされました。
この時に難を逃れた有重の子が甲斐に土着し、小山田信茂の代まで続いたとされます。

小山田氏がこの地を去ってからも、城は軍事拠点として使われ続けていました。
室町時代の1476年にあった長尾景春の乱では扇谷上杉氏の城でした。
城主は不明で、長尾軍に攻め落とされています。


所在地:東京都町田市小野路町

なぽのホームページ/東京都を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。