なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
松葉城は松葉のように細い尾根の先にあります。
訪問日は2015年1月11日です。

【写1】松葉城

登城口は県道沿いにこんな感じであります。
この向かいに空き地があり、車を停められます。

【写2】松葉城

詳しい説明板あります。
気合入ってますね!
城内にココが何的な物は何も無いので、図があるともっとイイんですが・・・
通行にはご注意下さい、と書いたソバからいきなり階段です。

【写3】松葉城

ここは本当に気を付けて下さい。
登城路は人1人やっと通れるような幅しかありません。
この左側は、下に川が見える断崖となっています。

【写4】松葉城

崖っぷちを過ぎると、今度は細っそい尾根道になります。
これだと多人数で一気に攻めることは出来ませんよね!

【写5】松葉城

その途中に、明らかに人の手が加わった地形が現れます。
・・・すっとぼけてますが、堀切ですラブラブ

【写6】松葉城

地形がだいぶ平らになってきたな~という所で、テッペンに石碑らしき物体発見!

【写7】松葉城

焦らずにちゃんと道のある所を辿り、城址碑を拝めました^^
「葉」の上の所が横一線にヒビ入ってますが、一度折れたのでしょうか?
お供え物が塩なのも、ちょっと気になります。
1袋は中身が完全に空ですが・・・あせる

【写8】松葉城

城址碑のある所から先を見た所です。
また細い尾根となっています。
私はココでUターンしてしまいましたが、この先に立派な堀切があるようですハートブレイク
予習した時の資料にもそう書いてあるのに、城址碑を見て安心してしまったようです。


◆歴史◆

1496年、勝間田播磨守と鶴見因幡守に攻められ落城しました。

説明板に沿ってサッパリ書きましたが・・・
歴史については、ほぼこの一文でおしまいです。
この時の城主は河合成信でした。
落城の様子は200年以上経ってから、河合成信が開基した長松寺の住職により記されています。
それによると・・・

・河合成信が主催した酒宴に、たまたま近くに来ていた勝間田播磨守も立ち寄った。
・しかし、勝間田播磨守はちら見しただけで帰ってしまった。
・河合成信は非礼を咎める使者を勝間田播磨守に送った。
・怒った勝間田播磨守は、志戸呂城の鶴見因幡守を誘って松葉城を攻めた。
・松葉城主・河合成信と仲の悪かったその家臣・落合久吉にあらかじめ調略した。
・城攻めの際に落合久吉が内応し落城・
・河合成信は自害、妻子は崖から松葉川に身投げした。

という感じです。
あちこちのサイト様で書かれている歴史は、おおむねこんな感じです。
ここで登場するのがどんな人物だったのかをググってみました。

河合成信
落城時の事以外サッパリわからずあせる

勝間田播磨守
勝間田氏は鎌倉幕府以来の豪族。
足利将軍家直属の家臣で、応永の乱や永享の乱で活躍。
応仁の乱で今川義忠と対立し、1476年に本拠の勝間田城を攻め落とされた。

鶴見因幡守
1496年、今川氏親に攻められ討死し、鶴見氏は滅亡。

松葉城を攻めた勝間田氏と鶴見氏は、いずれも今川氏に攻められています。
当時の今川氏当主・今川義忠でググると、1476年に勝間田修理亮を攻めています。
これは、斯波義良との遠江領有権を巡る争いの中での出来事でした。
しかし、勝間田氏を討ち取った直後に、その残党により今川義忠が討死しました。

関係はわかりませんが、一番近い美人ヶ谷城の石谷氏は今川家臣でした。
推測ですが、河合成信が今川家臣だったとすれば、今川氏vs斯波氏の局地戦だったと思います。
今川義忠が勝間田氏と鶴見氏を攻めたのは、この報復だったのかもしれませんね。


所在地:静岡県掛川市倉真

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。