名探偵

テーマ:
 「Verde(ベルデ)」は直訳すれば「緑」だ。
しかし、日本人の感覚では「青」だとも言える。
もともと日本語では「青」の中に「ブルー」も「グリーン」も含まれていた。
「青信号」もほとんどの外国人は「緑信号」とそれぞれの言語で呼ぶ(※注1)。

 「青二才(※注2)」などのように、青い果実が「未熟」であるという意味でも
その色が使われる。そこはスペイン語と共通。モンゴロイドの日本では蒙古斑も
ちょいとそのイメージに影響してるか。

*****************************************************************************************************************
 白髪だが、若々しい。
ポワロー(リーキ)をそういう人の例えに使われたのは5世紀ほど前のスペインだ。
白い頭に青い身体。これは、新緑などの若々しく瑞々しい「青」。
「木々が青々と茂っている」の「青」。

 これが本来の「Viejo verde(ビエホ ベルデ。viejo=老人)」。褒め言葉だ。

 しかし、そのフレッシュさに半人前なヤツらが嫉妬したからか、いつの間にか
「ビエホ ベルデ」のイメージが、「エロ親父」「助平親父」、年甲斐もなく若く
青い果実をもとめるというような、ネガティヴなものへと変わっていった。

 そして、その色はそのまま下ネタを指すようになった。
チステ ベルデ(chiste:ジョーク/verde:緑。つまり、グリーンジョーク)
日本人にとっては「ピンク」とでもいうべき部類だ。

 若い娘が聞くと頬をぽっと赤らめるという理由でそれまで呼ばれていた
「赤いジョーク」という表現は忘れられていった(まだ、ペルーなど、一部の
スペイン語圏の国では使われているが)。

 ちなみに韓国・イタリアも「赤」らしい。理由は同じなのだろうか。
アメリカは「ブルー」(検閲のとき、昔は青鉛筆でチェックしていたそう)。
フランスは妖しい「白」。中国は何故か「黄」。
という風に、国によって様々である。

*****************************************************************************************************************
 で、結局これで解るのは、普遍的なものはないということだ。
説明をすれば、ある程度理解できるものだとしても、国、地域、文化によって、
色が持つ意味が変わるということだ。

 これは、色だけではなく、物、ゼスチャーや記号などでも同じだ。
だからオレは夢分析や心理学の象徴は、その学者が生活している、あるいは研究している
文化限定だと思う。例えば、ある植物がある国では観葉植物、ある国では食用、また
別の国では薬用だったら、そのイメージはかなり違うものになると思う。

 まあ、その違いを楽しむのも面白いし、他文化を理解するヒントにもなるから
いいか。

                   つづく


※注1:実際、現在の日本の信号は色盲のひと達のために「グリーン」より
   「ブルー」に近い色で作られている。昔の日本もそうだが、ほとんどの
    国では思いっ切り「グリーン」。

※注2:青=未熟な果実などのイメージ。
    二才=ボラの稚魚などを「二才魚」などと呼んだため。
    だそうだ。
AD

Chiste verde

テーマ:
 今回はR-15ぐらいの指定か。
ちょっぴりエッチなチステをどうぞ。


◆とある眼科の名医が、素晴らしい手術の末、ある女性の視力を取り戻した。
芸術大学の学生であったこの女性の彼氏が、感謝の気持ちを込め、
眼科クリニックの一番広い壁に巨大な目の絵を描き始めた。
この大作を仕上げるために、彼は何日もクリニックへ通った。
そして、医師は制作中の彼のところを通る度に、
「ああ、良かった。ああ、良かった」と繰り返していた。
来る日も来る日も、
「いやあ、良かった。ホントに良かった」と言っていたので、彼氏が
「そんなに、良かった良かったと言われますと、感激します。
そんな大げさなものではないですよ」と照れた。
そこで、医師がしみじみとこう言った、
「いやあ、自分が産婦人科医でなくて良かった。ホントに良かった...」

◆「先生、僕の股関節の手術の方はどうでした?」
「あ、あぁ... 悪い知らせと、いい知らせがあります」
「悪い方は?」
「間違って、睾丸を両方とも摘出してしまいました」
「えぇっ!信じられない... そして、いい知らせとは?」
「摘出ついでに検査をしましたら、睾丸には異常は見つかりませんでした」

◆タイタニックが沈没しようとしていた丁度そのときのことである。
船長が部下に指示を出す。
「早く!その窓を割って、救命ボートで脱出しよう!」
「でも、船長... まだ女性が船に残っています」
「こんな状況で、セックスのことなんて考えられない!急ごう!」

◆ある記者がぁ、山のふもとでぇ、部落の若者にぃ、出会ったぁ~。(←古いか?)
そして、現地の生活についてインタヴューを始めた。
「この部落特有のエピソードを教えて下さい」
「ある日、群から山羊が一頭はぐれた。我々がとった行動は、
この部落の習慣に則ったものだった。男ども全員で酒を飲み、
山へ向い、山羊を探した。見つけると、また酒を飲み、
全員で山羊と交わった...」
「えっと、これはゴールデンタイムで紹介するレポートなので、
少し質問を変えよう。え~、この部落での楽しいエピソードを
教えて下さい」
「ある日、部落の若い女性が山で迷子になった。我々がとった行動は、
この部落の習慣に則ったものだった。男ども全員で酒を飲み、
山へ向かい、女性を探した。見つけると、また酒を飲み、
全員でその女性と交わった...」
「ごほん... テーマを変えよう。
この部落での悲しいエピソードを教えて下さい」
とつぜん溢れ出してきた涙を拭いながら、若者が語り始めた。
「ある日、オレが迷子になった...」


 本日は以上。
                    つづく



※タイトルの解説は次回
AD